ブリオッシュでつくるりんごの収穫パン

所要時間:60分以上

カテゴリー:パン・ピザパン

 

旬のりんごを生のまま焼き込む

その昔、六本木交差点にあった「ROXY 」というパン屋さんでアルバイトをしていました。当時はまだまだ珍しいフランス風のパンがずらりと並んでいて、働くのがとても楽しかったのを覚えています。
そこの人気商品がアーモンドクリームと甘酸っぱいりんごをたっぷりと巻き込んだハート型のパンでした。今回はそのパンへのオマージュ!切り分けタイプの菓子パンです。


りんごの収穫パンの材料(8人分

あっさりブリオッシュ生地
フランスパン専用粉 200g
4g
砂糖 24g
スキムミルク 12g
インスタントドライイースト 4g
(ぬるま湯)95g
卵黄 2個分
無塩バター 40g
少々
アーモンドクリーム
無塩バター 50g(室温でやわらかくしておく)
砂糖 59g
50g
アーモンドパウダー 50g
薄力粉 25g
りんご
りんご 1/2個(1.5センチ角に切っておく)
レモン汁 少々

りんごの収穫パンの作り方・手順

アーモンドクリーム

1:

やわらかくしておいたバターに、砂糖を加えて泡立て器でふんわるするまで混ぜる。

2:

アーモンドパウダーを加えてなめらかになるまで、よく混ぜる。

3:

ほぐした卵を少しずつ加え、その都度よく混ぜる。

4:

ふるった薄力粉を加え、全体をさっくり混ぜる。 使うのは半量ほど。残りはラップに包んで冷凍するとよい。

あっさりブリオッシュ生地&仕上げ

5:

「あっさりブリオッシュ生地」の手順1~22を参照して、生地の一次発酵まで終える。

6:

手のひらで生地を軽く押して平らにし、麺棒で25×30センチに伸ばす。

7:

生地をオーブンシートを敷いた天板にのせ、アーモンドクリームの半量を中心に塗り、上にレモン汁をふっておいたりんごを散らす。カードを使って、両端に切り目を入れる。

8:

切った生地を両端から中心へとたたみ、生地をしっかり貼りつける。

9:

ビニールをふんわりとかけて、室温(25℃くらい)で50分~1時間、最終発酵をとる。オーブンの発酵機能を使うなら、35℃で40~50分。

10:

生地を指先でさわると、ふんわりしていたら発酵終了。

11:

溶き卵を刷毛で表面に塗り、190℃に温めたオーブンで20~25分焼く。

12:

焼き上がったら、網などにのせ冷ます。

ガイドのワンポイントアドバイス

このパンはできたてより、1日置いたくらいがおいしいです。乾燥しないように、食べ頃まで保存しましょう。濃いめに入れたミルクティーやチャイとどうぞ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。