台湾で定番のお土産、台湾茶が買える店

all about taipei

濃紺に赤のラベルが潔い印象の店内

永康街で有名なマンゴーかき氷の店のちょっと先にある台湾茶とプーアル茶の店、沁園(チンユェン)。上品な茶器と、シンプルな箱のパッケージが清々しい印象です。沁園の女性オーナー廖さんが自らお茶をセレクトしており、特に老茶と呼ばれる、20年以上も寝かせたプーアール茶に定評があります。

東方美人や高山金萱がオススメ

プーアール茶の品ぞろえが評判の店ではありますが、ここであえておすすめしたいのが、高山金萱(150g/480台湾元・約1,700円)や東方美人(150g/350台湾元・約1,200円)といった、凍頂烏龍茶とはまた違った台湾産のお茶。プーアール茶は……やはり中国雲南省の名産品。ですから台湾のお土産として買うなら、やはり台湾茶を買って帰りたいですよね。

紅茶によく似た東方美人は上品な味わいですし、ほんのりミルクのような風味が口に広がる高山金萱は、中国茶の概念を変えてしまいそうな優しい味。お茶好きには嬉しい、凍頂烏龍茶の手摘み茶もあります。手軽なティーバッグもオリジナルで作っていますから、めんどくさがり屋さんならこちらがおすすめ。

初心者でも買いやすい茶道具が揃う

all about taipei

茶道具の使い方も気軽に聞こう

急須や小さな茶杯など、台湾茶を飲むための道具も豊富に揃ってます。どれも買いやすい値段から高価な品まで幅広くありますから、ビギナーにもリピーターにもぴったりです。

日本語OKなのが嬉しい

オーナー廖さんやご主人は日本語を話せるので、茶器や茶葉の相談に載ってもらうと良いでしょう。試飲もできますので、ついでにお茶の淹れ方もじっくり教わってみては?

<DATA>
沁園(チンユェン)
住所:台北市永康街10-1号 
アクセス:MRT東門5番出口から徒歩3分
TEL:(02)2321-8975、(02)2395-7567
営業時間:11:00~21:00 
定休日:なし 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。