【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

片思いに欲が出て現実を見てしまうと……

「片思いって辛いなあ……」と物思いにふけるようになるのは、相手が自分のものにならない(彼女がいてラブラブ)からと、自分のことを全く異性として見てくれない(単なる同僚や友人)から。

自分はこんなに彼のことが好きなのに、彼の視線は他に向いたままなので、報われないなあと感じ、「ずっとこのままかも」と将来に希望が持てなくなるから辛くなるのです。

学校中のアイドルであるイケメンの先輩の姿を友人とキャッキャッ言って追いかけていた時、素敵な先輩を社内で見かけることができた日はハッピーデー!とウキウキしていた時……片思いは楽しかったはず。

それが「自分のものにしたい」という欲が出てくると、不可能率80%以上の現実を見て辛くなってしまうのです。

辛さの解消法は……

手に入らないものを見つめて、ため息を付いている状況から抜け出しましょう。

片思いの辛さに、どこかでウットリと浸っている自分からも抜け出しましょう。

「辛い」と感じた段階で、片思いは終わらせましょう。

想っても報われない恋を「自分劇場」で繰り広げている間、貴女の世界は確実に狭くなっているはず。

とりあえず彼への想いは引き出しに仕舞い込んで、自分の世界をもっと広げましょう。

それには外で新しいことにチャレンジするのが一番!

男性も来るカルチャー教室、男性インストラクターに指導してもらえるジム、男女混合の英会話のグループレッスンなど、集中しなければならない習い事をして、一時的に彼のことをスコン!と忘れるのです。(実際、英会話教室など、授業中はかなり集中するので、彼への想いなんてふっとびますよ)

四六時中、彼のことばかり考えていた頭に、他のことを考えるスペースを入れるのです。

それにプラス、毎晩映画を観に行く(DVDは、どうしても日常感があるので映画館がおすすめ)のもGOODです。

政治物、SF物、アクション物など、恋愛物はやめて上映中没頭できる作品を選びましょう。

突然気持ちに変化が訪れます

最初は、無理矢理でもそんな予定を忙しく詰込んで、頭に彼以外の他のことを考えるスペースを広げていくと、いつの間にか「あれ……そういえば彼のこと考えても、キュンとしない」という時が突然訪れます。

恋愛は大切だけど、人生恋愛だけではない……というあたり前のことに気がつくと、つきものが落ちたようにニュートラル状態に戻れるのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。