歯が白くなると顔の印象が明るくなる!

歯を白くしたい!

歯を白くしたい!

「気がつくと、顔全体がなんとなく暗い」「最近、口紅の色が濃くなってきた」と思うことはありませんか?実はそれ、歯の黄ばみが原因かもしれません。

お顔のパーツの中で歯は小さく、なかなか気付きにくいものかもしれませんが、歯の色でお顔全体の印象は大きく変わります。歯が白く明るくなるだけで、お顔全体が明るくなり、見た目年齢もぐっと下がります。

今回の記事では、明るく白い歯をキープする方法や、歯が黄ばんでしまうメカニズムをご紹介します。

歯が黄ばんでしまう原因は?

歯の構造イラスト

歯の構造イラスト

歯は、内側から大きく分けて神経の部分(歯髄)、象牙質、エナメル質と、3層構造で出来ています。一般的に象牙質は黄色みがかった色をしていて、エナメル質は白くて透明感があります。

日本人の平均的な歯の色はやや黄色みがかった色をしています。肌の色が黄色いので普段は目立ちませんが、例えば結婚式などで純白のドレスと合わせると、顔が暗く歯が黄ばんで見えてしまうのはそのためです。

歯が黄ばんでしまう原因はいくつかありますが、代表的な物は以下の3つ。
  • 飲食や喫煙の習慣によるもの
  • 加齢によるもの
  • 治療跡によるもの

飲食や喫煙による黄ばみは、歯の表層のエナメル質に汚れが付着したり、着色を引き起こすものです。コーヒーや紅茶をよく飲む、食後に歯磨きをしない、色の濃い食べ物を多く食べる・・・などが原因です。またタバコはヤニによる汚れが主な原因です。

加齢によるものは、多くはエナメル質が加齢と共に薄くなり、内側の層の象牙質の色が透過されることによって、黄ばんで見えることが原因です。エナメル質自体の透明度も加齢と共に低下しますので、歯の透明感が失われて、くすんで見えることも多くあります。

他にも神経を抜いた後や以前の治療跡が変色したり、幼少の頃の薬剤摂取により歯に縞模様が出来てしまうテトラサイクリン歯も、いわゆる歯の黄ばみ・変色として挙げることが出来ます。

次のページでは、歯を白くする美容歯科治療をご紹介します。