inu

腸内環境と健康は大きな繋がりがあります。

昨今では、腸内環境を整えることが健康に繋がるという事が頻繁に取り上げられています。その理由としては、全ての免疫細胞の約60%が腸に存在していること、生物の身体は、腸から作られると言われているからです。

腸には、健康維持や老化防止などに影響がある“善玉菌”、身体に悪さをすると言われている“悪玉菌”、多く存在する菌の味方になる“日和見菌”という細菌が存在しています。善玉菌が多く存在している状態が健康に繋がり、腸内環境が良いと表現されます。

反対に、悪玉菌が多くなり腸内環境が悪くなると、便秘や下痢を引き起こすだけではなく、アレルギー、皮膚疾患、肥満や、これらによる様々な症状を引き起こしやすくなります。腸内環境は、ほんの少しの心がけで良くも悪くも変化していきます。わんちゃんの日々の排泄物をチェックして、臭いがきつかったり、色や形状がおかしいな、と思うときはこれから紹介する3つのポイントを意識してみてください。


ポイント1:化学的な物の摂取を控える

内臓の働きは筋肉のようなもの。しっかり使い、しっかり休ませてあげる必要があります。“しっかり使う”に欠かせない事は、食材を身体に取り入れること。サプリメントや薬など、化学的なもので栄養素を取り入れる事は簡単であり、楽です。つまり、身体の働きそのものも、楽をしてしまうことになります。サプリメントや薬は必要最低限に抑え、必要な栄養素は食材から取り入れるようにしましょう。

また、保存料や人工的な添加物も、腸を疲れさせると言われています。毎日食べるフードやおやつの場合は、出来るだけ添加物が含まれていないものを選んでみましょう。




ポイント2:腸を労る食材を摂る

納豆・ヨーグルトなどの発酵食品、野菜・海藻・きのこなどの食物繊維が腸をお掃除してくれたり、善玉菌を増やしてくれると言われています。こまめに取り入れていきたい食材ですが、すぐに取り入れることが難しい場合は水分をしっかり与えてあげましょう。

【参考記事】犬の身体は乾いている!?水分補給で健康管理をしよう


ポイント3:心の状態をケアする

inu

自然に触れたり、季節を感じることも大切です♪

意外と見落としがちな、腸ケアは“ストレスケア”。ストレスは、腸内環境とリンクしています。お散歩をしたり、お気に入りのおもちゃで思いっきり遊んだり、わんちゃんとのコミュニケーションも大切です。ただ、「ストレスが溜まったらかわいそう!」と、おやつや好きな食べ物を制限なく与えることは逆効果なので避けましょう。ストレスに良いとされている食材はかぼちゃ、玄米、葛など。どれもしっかり加熱したものを与えるようにしてください。

飼い主さんのストレスや疲労が、わんちゃんに伝わり体調を崩してしまうケースも少なくありません。わんちゃんのストレスケアと同時に、飼い主さんのストレスケアも忘れないようにしましょう。


原因、改善方法はひとつではありません!

何かひとつの食材を毎日大量に食べたからと言って、永遠の健康を手に入れられる訳ではありません。腸を労る基本の食生活を整えてから、必要な食材や生活習慣をプラスしていきましょう。