夜コースより御紹介

日本酒

やはり和食には日本酒ですね。

昼は4800円(税込)、夜は11000円(税込)となっており、今回は夜の11000円(税込)コースから御紹介していきます。

・先附
先附

先附

永楽写しの器に盛られた先附は、湯引きした肉に焼茄子、そしてトンブリの和え物。スターターでいきなり肉が使われているのがユニークですね。湯引きしてあるので繊細なテイストとなっていて、さっぱりとした食後感が嬉しい一品でした。


・椀物
椀物

椀物

椀物は「鯛」と「蕪」。肉が続くのではなく、肉の後には魚と、このバランス感が絶妙だと思いました。出汁も旨味と香りが心地良く味覚に拡がる見事な仕上がり。鯛と蕪にはさまれた「しんじょう」の滑らかな食感も素敵です。


・向附
向附

向附

向附は「ブリ」「アコウ」「モンゴイカ」「カワハギの肝」と、実に酒の進むラインナップ! 一つ一つの食材が明確に持ち味を放っており、それぞれに施された細やかな仕事と共に印象に残る盛り合わせでした。「大根おろし」や「土佐酢」を使ったタレなど、魚に合わせて多彩な調味料(タレ)が用意されているのも嬉しいポイントです。


・八寸
八寸

八寸

そして秋の八寸! 食べるのがもったいなくなる美麗な盛り付けで季節感も満載。肉の赤身がかったピンクの色合いが前菜に鮮やかな色のアクセントを生み出しているのも良いですね。

八寸は「胡麻豆腐(車海老乗せ)」「ローストビーフ」「いくら」「牛蒡寿司」「舞茸の白和え」、さらに「ミスジ肉」を上に乗せた卵のムース、という手間と時間のかかった超充実の内容。

しかもお店で使われている肉は地元京都の「亀岡」の牛! まさに地の食材を多用した「地の料理」と言うべき素晴らしい八寸でした。

次のページでは、牛テールや牛ホホ肉を使った料理を御紹介です