【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

FTMの人が付き合う恋愛相手とは?

FTMの彼氏と付き合うときの疑問にお答えします

性自認と恋愛対象は関係無い!

 
はい。失恋経験豊富な私が今回は魂を込めて執筆させていただきます。(失恋経験が多いだけなのであまり参考にはせずにお読み下さい!)まず、「FTMだから○○な人と付き合う!」いうことはありません。よくFTMの人は、反対の人(つまりMTF=心は女性・身体は男性の人)と付き合うの?と聞かれたりもしますが、「その人」が好きだから交際している訳であって、相手の性自認や性指向で選んでいる訳ではありません。恋愛対象は性自認とは関係ないのです。
 

FTMの人は女性の気持ちがわかる?

確かに、元は女性として産まれていれば、女性の気持ちもわかるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまでも肉体が女性として産まれただけなので、一概には言えません。ただ、環境面でFTMの人の場合、得に学生時代は”ボーイッシュな女の子として”過ごさざる終えない人も多いため、必然的に女性との距離が近くなる機会も多いので、機会が多かったゆえに共感しやすい一面はあるかもしれませんが、私は未だによくわかりません。
 

FTMの人とはどこで出逢えるの?

どこでも出逢えますし、既に出逢っている可能性もあります。既に戸籍変更していたり、男性として社会的に生活されている方の場合、必要な時以外は特にカミングアウトはする必要ないと考えておられる方も多いので、既に出逢っていたとしても、あなたが気づいていないだけということも十分にありえます。しかし、交際ともなると、ずっと秘密にしておくことは難しいので、付き合ってからカミングアウトをする方もいますが、私は交際する前から「私」という人間性を知ってもらった上で、自分の体のことは一つの自分の一面性として話しています。
 

FTMであることを秘密にしておくのはなぜ?

FTMの彼氏と付き合うときの疑問

言いたくても言えないことってありませんか?


最初にカミングアウトをしてもらえなかった場合、大半の方は驚かれるかもしれませんね。また、「なんで言ってくれなかったの?私のこと信用してなかったの?騙したの?」という気持ちも湧き出てくるかもしれません。

しかし、決してあなたのことを信用していないから「言わなかった」のではありません。カミングアウトをすることで、中には「恋愛対象としては見れなくなった」「やっぱり"普通"の男性がいいと言われてしまう」こともあるので、あなたを失いたくない恐怖や不安から「言えなかった」とも考えられるのではないでしょうか。

私自身はカミングアウトしてからの交際、せずに交際してからのカミングアウトと、両ケースでの交際経験がありますが、自分も相手も安心して心おきなく向き合えるのは前者の方でした。
 

恋愛のパートナーがFTMであるがゆえに苦労することとは?

FTMの方でなくとも苦労や悩みは、それぞれの恋人同士の中にあると思います。例えば、周囲の友人に話す際に何がキッカケでどんな風に話したのか、また話たことによって周りの反応が変わったなどのエピソードや、自分自身も性に対しての価値観に変化があったなど。実際に、FTMの方のパートナーの人に聞いてみたので、もっと詳しくしりたい方は下記をご覧下さい。(※本当はどうなの?パートナーに聞いてみた!)
 

FTMの彼が「申し訳ない」と思っているのだけど、どうしたらいい?

かつての私も、パートナーに対して自分の体のことでパートナーにも不憫な想いをさせてしまうと勝手に決めつけ「申し訳ない」と思っていた時期がありました。しかし、それは大きな誤解だったなと、パートナーの声に耳を傾けていく内に思い知らされました。

相手を想う気持ちゆえに思ってしまうこともわからなくはありませんが、それは自分本意にしかすぎません。もちろん、心の性と体の性が違うことで、子どもの問題性行為上での悩み、世間帯の悩みも存在はしています。しかし、どんな恋人同士であってもなんらしか2人の中で抱えている悩みや問題は存在しているので、寧ろなんらしか問題があるのであれば、一緒にどのようにして乗り越えていけばよいのかと考えることで、また一つパートナーとの絆も深まるのではないでしょうか。
 

FTMのパートナーの存在を正直に周囲の人に話していい?

FTMのパートナーの存在を正直に周囲の人に話していい?

あなたが話したい人に話したい時に話せばいい


基本的に2人の中で話しあって問題ないと判断したのであれば、話してよいのではないでしょうか。また、あの人には言いたくない。と思うのであれば、人や状況によって相談する相手を分けていけばよいかと思います。いくら親友でも、過去に何気ない会話の中で、LGBTに人に対して批判的な意見や発言を聞いていれば、余計に
相談はしにくいことかと思いますので、話したいときに話したい人に話せばよいと思いますよ!

ただ、誰にも相談したくても相談できない状況ともなると、1人で抱え込んでしまい精神的ダメージやストレスも抱えやすくなってしまいます。パートナー以外に、誰か1人でも話し相手がいると気持ち的にもラクなので、直接の友人には話しづらくても、ネット上でFTMパートナーの方のブログやコミュニティもありますので、そういう所で話し合うのもよいかもしれませんね。
 

FTMの人と付き合う恋愛の極意

結局FTMであれ、同性愛、異性愛であっても根本的には何も変わりません。あえて違いを述べるなら、恋愛や結婚に対して多くの方が当たり前に思っていることが、価値観や制度にしても当たり前に存在している訳ではないので、世間体を気にしての当たり前よりも「自分たち2人にとっては」という基準での考えや価値観に重点を置いて、話をする機会が多いのでパートナーという位置付けだけでなく、親友でありパートナーのような関係になりやすいようにも思います。(あくまでも私の主観です)

どんな恋愛であれ、悩みや問題はつきまといますがその分、喜びや感動も分かち合う機会も増えると思いますので、「恋愛がしたい!」と思っている方は恐れずにどんどん自ら出会いのチャンスを作っていってほしいなと思います!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。