世界の超一流選手がズラリ。この10年で劇的な進化を遂げたトップリーグ

トップリーグは昨シーズンで設立から10年目となりました。その間、プレーの質に関しては一般的に人気のある大学ラグビーや高校ラグビーに比べ劇的に進化しており、リーグとしての成長率は驚異的といえるほどです。

では世界的な視点で見たとき、トップリーグはどれくらいのレベルに位置づけられるのでしょうか。

現在トップリーグでプレーしている外国人選手の顔ぶれを見ると、そのクオリティの高さは世界に誇れるレベルであると断言できます。世界ランク1位のニュージーランドや同2位の南アフリカ、4位のオーストラリアなどの強豪国でいまも代表として活躍できる選手が何人もプレーしており、各チームで主軸を担っています。昔はテレビでしか見られなかった選手をライブで見ることができ、また選手にすればそうした存在と実際に体をぶつけてプレーできるということは、非常に大きな価値があります。

そうした超一流の外国人選手は、ラグビーをよく知らない人でも、プレーを見ればすぐにわかるすごさがあります。彼らが一様に優れているのはゲームの理解力、いわば「ラグビー偏差値」です。トップリーグでプレーする日本代表クラスの選手にも、やはり同じことがいえます。

もしかしたら2人いる? 超一流選手のおそるべき「ラグビー偏差値」

ラグビー偏差値とは何かといえば、ラン、パス、キック、コンタクトなどあらゆる要素を含んだラグビーという自由性の高い競技において、状況に応じて最適なプレーを選択できる能力です。いわゆる「気が利く選手」と言い換えてもいいでしょう。体が大きいとか足が速いといった身体的なこととは関係なく、その時々にもっともふさわしいプレーを瞬時に判断し、実行できる。ここは、厳しいプレッシャーにさらされる中でどれだけプレーしてきたかという経験が大きくものをいいます。

fourie

現役南アフリカ代表でもある神戸製鋼のジャック・フーリー。攻守に圧倒的な存在感を放つ (c)JRFU, photo by RJP K.Demura

サントリーのフランカーのジョージ・スミス選手(オーストラリア代表111キャップ)やスクラムハーフのフーリー・デュプレア選手(南アフリカ代表65キャップ)、神戸製鋼のジャック・フーリー選手(南アフリカ代表69キャップ)らは、まさにワールドクラスの超一流プレーヤーです。彼らは常にボールのそばにいて、常に決定的なプレーをする。「もしかしたら2人いるんじゃないか」と思ってしまうくらい活躍できるのは、限られたスペースと時間のなかで先を読み、考えながらプレーできているからです。

「なぜこの人たちは何度もプレーに参加できるのか」という視点で試合を観ていると、彼らが決して運動能力の高さだけでプレーしているのではなく、常に状況を読み、考えながらプレーしていることがわかると思います。そうしたトッププレーヤーを観に行くだけでも、いまのトップリーグは十分価値があります。

負けられない試合が続くセカンドステージ。指導陣の手腕にも注目。

2ステージ制を採用したことで、今季のトップリーグはよりチームの底力が問われる戦いになりました。これまでなら先を見据えて時にはベテラン選手を休ませたり、若手を抜擢したりするといった起用法ができたのですが、落とせない試合が続くことで、選手層の厚みがダイレクトに成績につながることになります。

コンタクトスポーツであるラグビーは必ずケガが起こるため、同じ選手構成でシーズンを乗り切れることはまずありません。つまり選手を休ませつつ、若手を育てて底上げもしなければならない。そういう点では、いままで以上に監督や指導陣の手腕が問われるシーズンになると思います。

これから始まるセカンドステージを勝ち抜くポイントは、「ピーキング」です。すべての試合を落とせないとはいえ、人間はすべての試合に全力を出せるわけではありません。戦略的にチーム状態をプランニングし、仕上がり具合を勝負に結びつけられたチームが、最終的に勝ち残っていくでしょう。

クイックネスは世界一。そのスピード感をぜひグラウンドで!

南半球3か国(ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア)のスーパークラブによる最高峰リーグ「スーパーラグビー」や、イングランドの「プレミアシップ」、フランスの「トップ14」など、世界には様々なクラブラグビーのリーグ戦があります。それらと比較してトップリーグの特長を挙げるなら、「素早さ」です。ことクイックネスに関しては、世界一といっても過言ではないでしょう。

サッカーやバレーボールなどでも、日本が世界と伍していく上では「俊敏性」が大きなポイントとなります。この点はラグビーも同じです。特に相手に対してプレッシャーをかけるディフェンスの速さと、ボールの動き方、テンポの早さは、どの国と比較しても日本が上回っています。

個別にチームを見ていくと、過去2シーズンでトップリーグ連覇を果たしたサントリーサンゴリアスは、特にボールを素早く、たくさん動かすチームです。リーグ随一ともいわれる豊富な運動量を武器に、最後まで果敢に攻め続ける攻撃的ラグビーが最大の特長です。

そのサントリーと昨シーズンのプレーオフトーナメント決勝を戦った東芝ブレイブブルーパスは、伝統的に強力なフィジカルを武器にしてきたチームです。ひたすら体をぶつけ続け、コンタクト局面で圧倒することで過去にいくつものタイトルをつかんできました。「痛いプレー」がウリで、相手にとってはイヤなチームといえるでしょう。

ラグビー偏差値の高い神戸製鋼、パナソニック。チャレンジングなクボタにも注目。

かつて日本選手権7連覇を遂げた神戸製鋼コベルコスティーラーズは、センターのジャック・フーリー選手を筆頭に、個々に能力の高い選手が多く揃っています。型にはまらず、ボールを持つ選手の的確な状況判断を重視し、他の選手がそれに反応していくことでプレーを組み立てていく。いわゆるラグビー偏差値の高いチームといえます。

パナソニックワイルドナイツも経験豊富な選手が多く、ラグビー偏差値の高さを大きな武器としています。日本人で初のスーパーラグビープレーヤーとなったスクラムハーフの田中史朗選手、フッカーの堀江翔太選手らを軸に、個々の状況判断力を軸にゲームを作るチームです。

ファーストステージでサントリーを破ったNECグリーンロケッツは、近年世代交代を積極的に進めてきました。伝統のディフェンス力に加え、ボールを動かす力もついてきており、上位に食い込むだけの底力は十分あります。ヤマハ発動機ジュビロも、東芝に完勝したことからもわかるように地力は相当高い。清宮克幸監督が就任3年目を迎え、今シーズンは勝負の年といえるでしょう。

キヤノンイーグルスは昇格2年目ながらファーストステージでパナソニック、ヤマハ発動機を下し、見事にセカンドステージの上位グループ入りを果たしました。超一流の外国人選手を軸に据え、フルバックの橋野皓介選手ら切れ味ある若手をうまく機能させています。

グループBにも楽しみなチームは数多く存在します。近鉄ライナーズはフォワードのセットプレー、特に空中戦の強さに定評があります。NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは統制のとれた戦いぶりと堅固なディフェンスをベースに、上位チームによるグループA入りまであと一歩と迫りました。

チャレンジングなチームとしては、クボタスピアーズが注目です。日本代表の司令塔を務めるスタンドオフの立川理道選手を擁し、展開力を前面に押し出した魅力あるラグビーをします。ハマった時の爆発力は、リーグでも屈指といえるでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。