自然の力を活用する工夫も

このモデルハウスのもうひとつの特徴は、住まいの随所に自然の力を活用する「パッシブ・エコ設計」が採用されていることです。

例えば、太陽の光を活かすなら、開口部の工夫がとても大切です。
このモデルハウスでは、南面のグレートリビングに大開口を設け、たっぷりの日差しを取り込むことで昼間は照明をつけずに過ごせたり、冬は暖房を最小限に抑えられるようにしています。一方、夏はガーデンリビングの涼しい風を取り込んだり、落葉樹を植えることで日射しを調整しています。

大開口前にガーデンリビングとコリドールを配し、視線を気にせずカーテンを開けて日差しを取り込めるようにしています

大開口前にガーデンリビングとコリドールを配し、視線を気にせずカーテンを開けて日差しを取り込めるようにしています


温められた空気は上に昇る性質(ドラフト効果)を利用し、垂直方向の換気を実現しています

温められた空気は上に昇る性質(ドラフト効果)を利用し、垂直方向の換気を実現しています

体感温度を調整する風を利用するために、風の入り口と出口を考え、水平方向と垂直方向の立体的な風の流れを計画することも重要です。

このモデルハウスの場合、2階ホールの上に「換気チムニー」を配置、温められて上昇した空気は吹き抜けを通じてチムニーに溜まり、窓を開ければ空気を排出できます。建物の構造上チムニーの設置が難しいなら、天窓でも同様の効果が得られます。

 
ルーバー部分が開閉できるので、季節や時間帯に応じて使い分けても

ルーバー部分が開閉できるので、季節や時間帯に応じて使い分けても

また、部屋を越えて風を通すために、欄間、室内窓、ルーバードアなどを活用するのも有効でしょう。
前のページでご紹介した、1階のグレートリビング隣のリビングクロゼットでも、ルーバー建具を用いることで水平方向の通風や換気を確保しています。

 
ガーデンリビングの植栽も、パッシブ・エコ設計の大事なポイントといえます。前述したように、南側に落葉樹のシンボルツリーを植えることで、夏と冬の日射しをコントロールしています。夏は茂った葉が木陰をつくるので、夕方に打ち水をすると涼しい風を呼び込むことができるでしょう。

効果的な植栽が光と風を調整し、より快適な住まいをつくります

効果的な植栽が光と風を調整し、より快適な住まいをつくります



「創エネ設備」も上手に取り入れて

このモデルハウスには、創エネ設備の代表ともいえる太陽光発電システムが搭載されています。太陽電池容量は約5KWですが、瓦一体型なので見た目ではほとんど分からず、外観デザインを損なうことがありません。
最近では、太陽光発電のモニターはどこにでも移動できたり、テレビ画面で確認もできるようになりました。出来るだけリビングの一角など目につきやすい場所に置いて、家族全員のエコ意識を高めるのに役立てたいですね。

太陽光発電システムを設置すれば、環境負荷の低減とともに光熱費も節約できます

太陽光発電システムを設置すれば、環境負荷の低減とともに光熱費も節約できます


エコな住まいと聞くと、電気やガス等の使用量を設備機器やシステムでコントロールする「スマートハウス」をイメージする人が多いかもしれません。これらの取り組みは今後さらに注目されると思いますが、自然の緑、日射し、風の恵みを活かした設計を採り入れて暮らしのエネルギーを節約することも、同じぐらい大切にしていきたいと思っています。
このモデルハウスの「パッシブ・エコ設計」を参考にして、省エネと心地良さが両立できるような住まいをつくってください。

【関連記事】
エコ住宅・省エネを考慮した間取り

「フィルコート」モデルハウスを探す
三井ホーム「フィルコート」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。