中庭をコリドールで囲んだプラン

埼玉県浦和市に2013年4月にオープンしたのは、緑・光・風など自然の恵みを活用する『パッシブ・エコ設計』の手法を採り入れた住宅商品「フィルコート」のモデルハウスです。
「フィルコート」の間取りの特徴は、建物とコリドール(回廊)で囲んだ中庭を「ガーデンリビング」として提案している点です。

今回ご紹介するモデルハウスの間取り。中庭と建物、コリドールはフラットにつながっています

今回ご紹介するモデルハウスの間取り。中庭と建物、コリドールはフラットにつながっています【クリックで拡大します】

ルーフフロア

ルーフフロア【クリックで拡大します】



優美なフレンチスタイルの外観

「フィルコート」の外観デザインには2つのスタイルがあります。
ひとつは、ウエストラインでレンガ調タイルに切り替えた外壁と、ダークカラーの付梁装飾で水平ラインを強調した“プレーリースタイル”。そしてもうひとつが、このモデルハウスで採用されている“フレンチスタイル”です。

豊かに彩られた花や緑が、フレンチスタイルの魅力をさらに引き立てています

豊かに彩られた花や緑が、フレンチスタイルの魅力をさらに引き立てています


アーチと白いコーニスが優美なウェルカムポーチ

アーチと白いコーニスが優美なウェルカムポーチ

フレンチスタイルの特徴である軒先の白いコーニス、コリドール部分の連続するアーチが、優美で洗練された印象を与えています。
フェンスに用いられたロートアイアンも、フレンチスタイルで多く用いられる素材です。落ち着いた黒の色合いと曲線デザインが、植栽の緑と美しく調和していますね。

コリドールをウェルカムポーチまで配することで、道路面から奥まった位置に玄関ドアが設けられています。玄関前に広いスペースがあることで、建物全体に“ゆとり”を感じさせています。


リラックス&愉しさを生み出すガーデンリビング

建物とコリドールに囲まれたガーデンリビングです。道路に面したコリドールが周囲からの視線を緩やかに遮るので、リラックスしやすい空間といえます。座り心地のよいソファやチェア&テーブルなどのアウトドアファニチャーを配して、光や風、緑などの自然を感じて時を過ごしたり、友人を呼んでガーデンパーティーを開くのも楽しいでしょう。

屋根のない空間はオープンカーに乗ったような気持ちよさも味わえるため、男性にも女性にも好まれています

屋根のない空間はオープンカーに乗ったような気持ちよさも味わえるため、男性にも女性にも好まれています


ガーデンリビングにソファやテーブルなどのガーデンファニチャーを置きたいものの、雨や汚れが心配、という方も多いでしょう。しかし、最近ではデザインが美しいだけでなく、雨や風などに対する屋外での耐久性が高く、紫外線の影響を受けても退色しにくい商品が増えています。

耐候性が高く、洗練されたデザインのガーデンファニチャー

耐候性が高く、洗練されたデザインのガーデンファニチャー

写真のソファも一見するとラタン素材ですが、実はポリエチレン系のファイバーを編み上げて造られています。クッションのファブリックもアクリルに耐候処理を施した素材で、万が一濡れても乾きやすいため湿気によるカビや腐食の心配がありません。

このような素材の進化により、商品バリエーションが増えたため、オープンテラスのカフェや高級ホテルのプールサイドでも多く採用されるようになっています。新しい住まいにも上手に取り入れて、より美しく快適に過ごせる屋外スペースをつくりましょう。


上品で落ち着いたインテリアのグレートリビング

グレートリビングから眺めるガーデンリビング

グレートリビングから眺めるガーデンリビング


大きな吹き抜けのあるグレートリビングです。吹き抜け上部まである大開口が、室内のすみずみまで陽光を届けています。
開口部が大きいと外からの視線が気になるものですが、ガーデンリビングとコリドールがあることで視線が届きにくいため、昼間でもカーテンを開け放し開放感を満喫できます。

ソファはガーデンリビングに向けて配置。居ながらにして四季の自然を楽しむことができます

ソファはガーデンリビングに向けて配置。居ながらにして四季の自然を楽しむことができます


クロゼット内には収納棚とカウンターが設置されています

クロゼット内には収納棚とカウンターが設置されています

グレートリビングにはリビングクロゼットが隣接されています。日用品の整理整頓はもちろん、急な来客時にはリビングに散らかった物や見せたくない物などの“とりあえず収納”ができるので、あると便利なスペースです。

 
グレートリビングの奥には、オープンスタイルのキッチンが配されています。大きめのコーナーカウンターが備え付けられているので、簡単な食事はここでとることができます。リビングのインテリアコーディネイトを壊さない、シックで上品な扉カラーがとても素敵ですね。

屋外もリビングも見渡せるキッチン空間。明るく開放感もたっぷり

屋外もリビングも見渡せるキッチン空間。明るく開放感もたっぷり


壁はクロスで、テレビの背面をライムストーン貼りに。同系色にすると素材の違いを引き立たせる効果があります

壁はクロスで、テレビの背面をライムストーン貼りに。同系色にすると素材の違いを引き立たせる効果があります

グレートリビングのインテリアは、外観同様にフレンチスタイルでコーディネイトされています。同じヨーロッパ調でもオレンジ色系のスパニッシュスタイルとは異なり、グレージュの色調でフローリングや壁、ファブリックを統一しているため、上品で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

さらに、外観で用いられていたロートアイアンを間仕切りや階段の手摺などにも採り入れ、黒色を効かせることでシックな印象を強めています。

 
ロートアイアンの黒色は空間のアクセントになっています

ロートアイアンの黒色は空間のアクセントになっています


次のページは、重厚感あふれるマルチリビングについて。>>