新宿から京王線で最速47分で高尾山口駅へ

東京の中でも紅葉の早い高尾山へ行って来た。2013年11月13日、水曜日。新宿駅から京王線で高尾山口駅。そこから、ケーブルカー、リフトの出発地点へ歩く。平日だというのにものすごい人だ。
京王線の高尾山口駅から5分ほど歩くとケーブルカーの駅がある。

紅葉している高尾山のケーブルカー乗り場。

ケーブルカー乗り場である清滝駅の改札には行列ができている。ケーブルカーの料金は片道480円、往復だと930円になる。悩んだけれど、往復のチケットを買い、改札の列に並ぶ。列は進み、自分の前で改札が閉められた。次のケーブルカーになるとのこと。7分待つことに。でも、そのおかげで、ケーブルカー内では一番前のポジションへ陣取ることができた。
 
清滝駅 ⇔ 高尾山駅undefined片道約6分

もみじの絵が描かれているケーブルカー

ケーブルカーからの紅葉も美しいのだが、この日はまだ一部しか色づいていなかった。
残念ながらまだ緑色のもみじ

ケーブルカーからは紅葉を見ることができる

実は1週間ほど前にもきたのだけれど、まだ色づいてなくて、1週間後くらいかと思ってきてみたのだけれど、紅葉を予測するのは難しいものだ。

ケーブルカーからの眺望はこちらの動画で
 

1号路、表参道コースを行く

ケーブルカーの高尾山駅を降りる。山頂へはいくつかのコースがあるけれど、今回は1号路(表参道路)を行くことにする。高尾山駅からは山頂まで40~50分くらいかかる。
ところどころ色鮮やかに紅葉しているところがある

ケーブルカーを降り、山頂を目指して歩き始める
 

ケーブルカーを降りて歩き始める。山頂へ行くにはちょっときつい男坂とゆるやかな女坂がある。さすがに下より、少しひんやりしている。防寒具や雨具の準備はあったほうがいいし、靴なども運動靴かトレッキングシューズのほうがいいだろう。
 
京王線の高尾山駅から1号路なら山頂まで40~50分

山頂への道はいくつかあるがこの門を行くのが1号路

表参道を行けば、薬王院がある。ここの紅葉もなかなか素晴らしい。ここの山門をくぐると見事な紅葉を見ることができる。
 
ここから山頂まで紅が増していく

薬王院の山門あたりからだんだん紅葉が見られる

高尾山のおもしろさは、標高が高くなればなるほど、紅葉が進んでいるのがよくわかるところだろう。さらに上を目指して行こう。
 
 

山頂からは富士山も見える

薬王院から山頂へ向かう石段を登ったところに朱の鳥居がある。同じ赤でも、朱と紅の取合せがなんともいえずいい。
もみじの美しさにカメラを向ける人も多かった

石段の上に鳥居があり、紅葉が美しい

ここから、本堂、奥の院を経て、山頂まで行く。石段を登ったところには、山頂まで15分という看板があった。というわけで、山道を登り続けると、眺望が開けてくる。山頂だ。
お昼時で老若男女がお弁当を広げていた

山頂には見事な紅葉が広がっていた

紅葉が素晴らしい山頂だけれど、人も多い。子供からお年寄りまで、さまざまなグループがお弁当を広げている。そして、カメラで紅葉を収める人も多い。樹の下から空を見上げるとこんなかんじ。
なんとも言えぬ赤や黄色の葉美しい

とても美しい紅葉が広がっている

そして、高尾山といえば、その眺望が素晴らしいことでも知られている。天気のいい日は、紅葉の向こうに富士山が見えるのだ。ドキドキしながら、西を見ると、おお、見えた。
天気のいい日は、富士山をはじめ多くの山々が見える

ちょっと雲がかかっていたけれど、富士山が見えた

雲がかかっているけれど、雪をかぶった富士山が見えた。なんだかうれしい。ラッキーだった。
 

「とろろそば」をいただき、山を降りる

お腹が減った。お昼前だったけれど、やまびこ茶屋という山頂にあるお店に入って、名物のとろろそばをいただいた。
とろろがなんともいえぬおいしさ

やまびこ茶屋さんでいただいた「とろろそば」1000円

やまびこ茶屋には、谷に面した席もある。吹きさらしなので少し寒いが、眺望がいい。動画で見ていただこう。高尾山の中にはどの店も「とろろそば」を提供している。
スタンプハイクを楽しんでいる人たちもけっこういた

スタンプハイクのスタンプなども置かれていた

紅葉を見て、富士山を見て、おそばを食べたので、下山することにしよう。降りるときは、吊り橋のある4号路を行くことにした。
 
山道の中に突然、吊り橋が現れる

吊り橋のある4号自然路。まさに山歩きのコースだ。


こちらのコースはまさに自然な中を行く登山道。静けさを感じる。紅葉というより黄葉をいくつか見ることができる。
黄色といってもいろいろな黄色がある

黄葉した樹木をいくつかみることができた4号路

ところどころに黄葉している樹木を見ながら、ケーブルカーの高尾山駅へ向かう。
 

展望台からの眺めも格別

ケーブルカーの高尾山駅の隣に展望台がある。ここにのぼると、天気がいい日はスカイツリーが見える。山頂からの眺望とはまた少し違った趣がある。
山頂からの景色とはまたちがった眺望だ

展望台からケーブルカーの駅などを見渡す

スカイツリーなども遠くに見ることができるけれど、興味深いのは、すぐ下の八王子市内の眺望だ。
黄金の帯となっている銀杏並木

八王子市内の銀杏並木を見ることができる

以前、歩いたあの銀杏並木を俯瞰で見ることができて、なんだか不思議な気分だ。というわけで、ケーブルカーで清滝駅まで下る。
色づいているところとそうでないところがあってこれもいいかんじだ

ケーブルカーの駅から京王線の高尾山口駅へ行く途中のもみじ

名残惜しいが、京王線に乗って、新宿へ向かった。

【関連サイト】
高尾登山電鉄株式会社 公式サイト

【関連記事】
手形を持って「八王子いちょう祭り」を歩く [散歩] All About
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。