今回はこんな質問が届きました。

面長なので年齢より上に見られてしまうのが悩み。若々しく見せるにはどうしたらいいでしょうか?(30代・派遣社員)


縦を短くして横に広がりを出しましょう。前髪と扇状に入れるチークが効果的です。

イメージ画像
面長の顔立ちは、縦のラインが強調されるのでどうしても落ちついて見られがち。細長いものより、丸のほうが可愛い感じがするでしょ? 赤ちゃんが可愛らしく見えるのも、目や顔、体つきなど全てが丸いからなんです。カタチの持つイメージですね。なので面長を目立たなくして、丸さを強調しましょう。

長さをおさえるには、前髪をつくるのがおすすめです。顔周りの髪の毛は、顔立ちの悩みをカバーするのにとても効果的。パッツン前髪でも斜めバングスでも、とにかく前髪を作ってみて。顔の長さはかなり縮めることができますから。また、サイドの顔にボリュームがあれば、顔の横に広がりが出て、ふっくら見える効果が出せますよ。

ちなみに、ロングヘアより短めのスタイルのほうが、顔の長さを強調しません。例えば、お笑いコンビ『たんぽぽ』の白鳥久美子さんは、まさに面長タイプ。彼女は、ロングヘアと、あえての(?)センターパーツで、個性をすごく強調していますよね。お笑い芸人として、長い顔を個性と捉えているのはあっぱれです!

そして、メイクで面長をカバーできるのがチークです。これを幅広(扇形)に入れます。チークメイクは、ニッコリ笑ってほっぺの一番高いところに入れますよね?面長さんはここから、“斜め上方向”に引き上げるようにスッとぼかし、また、ほっぺの高いところに戻って“エラ方向”へサッとぼかします。つまり、頬の高いところを基点として、扇型にチークをぼかすということ。扇型とは、つまり「ダーツ」です。洋服のダーツのように顔にダーツが入り、目の錯覚効果で顔が短くキュッと縮まって見えるんですよ。

さらに若々しく見せるなら、ポイントメイクで丸みを強調しましょう。例えば、マスカラで、黒目の上下を強調するとさりげなく丸みが出せます。ちなみに面長さんの場合は、上まつげよりも、下まつげをより強調して下に引っ張るような「矢印」を意識すると効果大ですよ。

山本さんのおすすめアイテム

 

自然に肌に溶け込む立体カラーでハーフ顔が叶う
3色のチークカラー+肌なじみのよいスキンブレンドカラーで簡単にふんわり立体的なハーフ顔に。新規開発平筆フェイスブラシも使いやすい!ヴィセ リシェ ブレンドカラー チークス PK5/1575円(編集部調べ)/コーセー

 


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。