柿澤勇人undefined1987年神奈川県生まれ。2007年に劇団四季研究所に入所し、同年『ジーザス・クライスト=スーパースター』でデビュー。『人間になりたがった猫』『ライオンキング』『春のめざめ』に立て続けに主演し、2009年退団。その後の舞台に『スリル・ミー』『アリス・イン・ワンダーランド』『ロミオ&ジュリエット』ほか。ドラマ『安堂ロイド』等、映像でも活躍。来年『海辺のカフカ』再演に出演。(C) Marino Matsushima

柿澤勇人 1987年神奈川県生まれ。2007年に劇団四季研究所に入所し、同年『ジーザス・クライスト=スーパースター』でデビュー。『人間になりたがった猫』『ライオンキング』『春のめざめ』に立て続けに主演し、2009年退団。その後の舞台に『スリル・ミー』『アリス・イン・ワンダーランド』『ロミオ&ジュリエット』ほか。ドラマ『安堂ロイド』等、映像でも活躍。来年『海辺のカフカ』再演に出演。(C) Marino Matsushima

最終頁に2017年7月のコメントを追加掲載しました!*

映画プロデューサーのフランクを訪ねる、旧友のメアリー。表面的には成功していても心は満たされず、夫婦仲も険悪な彼に、メアリーは人生観を巡って決裂したかつての親友、チャーリーとのかけがえのない日々を思い出させる。“自分はいつ、何を間違えてしまったのだろう”と、フランクは過去の記憶を手繰り寄せ始める……。
『メリリー・ウィー・ロール・アロング』左から柿澤勇人、ラフルアー宮澤エマ、高橋愛、小池徹平undefined撮影:渡部孝弘

『メリリー・ウィー・ロール・アロング』左から柿澤勇人、ラフルアー宮澤エマ、高橋愛、小池徹平 撮影:渡部孝弘

“現在”から数年ずつエピソードを遡り、最後にフランクがチャーリーやメアリーと出会った“20年前”に到達する『メリリー・ウィー・ロール・アロング』は、スティーヴン・ソンドハイム作品として81年に初演。近年の英米公演では中年の実力派俳優たちが演じ、好評を得ていますが、今回の日本初演にあたり、演出家の宮本亜門さんは敢えて20代の俳優たちを起用しました。これが功を奏し、若者たちが出会うラストシーンはきらきらと輝き、爽やかな感動を与える舞台となっています。

この舞台で、野心や名声、倦怠感にまみれた中年時代から、夢だけを抱いていた純粋な若き日まで、少しずつ余分なものをそぎ落とすように見事な変化を見せているのが、フランク役の柿澤勇人さん。安定感のある演技には定評のある彼ですが、青春時代を振り返る今回の役には、とりわけ思い入れが深く、日々様々な思いと格闘しながら演じているようです。

“人恋しさ”が募る作品『メリリー』

――中年役は今回が初めてなのですね。

「初めてです。年齢でいうと40歳ごろでしょうか。今も悩んでいますが、まずは形から入ろうと、声を低くしたり、かすれさせたりといったことを試みてきました。動きも、反射的にぴぴっと動く癖があるので、40歳なりの落ち着いた動きを研究しています」

――体の重心も傾けていらっしゃいませんか? 色気があって、こういう部分でも中年を表現できるのだなあと思って拝見していました。

『メリリー』中年時代のフランクを演じる柿澤さん。撮影:渡部孝弘

『メリリー』中年時代のフランクを演じる柿澤さん。撮影:渡部孝弘

「それはたぶん、僕の癖です(笑)。重心がいつもどちらかにずれがちで。でも、時間を遡るにつれて、何もしないようにとは心がけています。誰しも癖と言うものはあると思いますが、それをあえて見せないほうが無垢な感じが出るかな、と思うんです」

――内面的には“中年”の表現をどう工夫されていますか?

「僕はまだ26歳なので、イメージするしかないのですが、幸運なことに今回はショービジネスの世界の話で、どのシーンも身近に感じられますし、友情に関しても実人生で、例えば親友と思ってた相手とささいなことで何年も会わなくなったりということは経験していますので、それはリアルに感じて(演技の)助けにしています。この作品では、最終的にフランクがどうなるかは描かれていませんが、僕としてはたぶん、決裂した友人ともう一度会って、いい方向に行くんじゃないか……というほうに、(役を)作っています」

――本作はフランクの「いつ自分は生き方を間違えたんだろう」という悔悟の念が通奏低音になっていますが、そういう思いに共感されますか?

「友情や青春、仕事と、いろいろなことについて、今回はすごく考えさせられます。ふだんはそんなこと思いもせず、普通に生活していますが、今回は、例えば稽古帰りに仲間と作品のことをいろいろ語り合って、別れた後にふと、涙が溢れ出てくるんです。とても人恋しくなるし、人間が好きになる作品なんですね。面白かったのが、一度稽古で、(宮本)亜門さんが“20年前から現代まで、逆にやってみよう”とおっしゃって、作品を年代順に再生したことがあったんです。そうしたら最後のシーンで、フランクとして救いようのないくらいの絶望感を感じてしまい、物語の並べ方で、こうも違うものなのかと思いました。ロンドンやNYでは40代の役者が演じていて、中年時代の描写はものすごくリアルなんですよね。その分、終演後は観客は深刻な感じで帰っていくと聞きましたが、今回の日本版ではポジティブな気持ちで帰られるお客さんが多いようで、嬉しく感じています」

――宮本亜門さんの演出はいかがでしたか?

「『スウィーニー・トッド』でもお世話になりましたが、こんなに楽しい稽古場があるだろうかというくらい楽しかったです。今回が日本初演で、ゼロから作ったこともあったと思いますが、異次元からディレクションしてくれるのではなく、亜門さんは僕らと同じ次元というかサークルに一緒に入って、ああでもないこうでもないと言いながら作ってくれました。みんなで意見も言い合って、僕も“あのシーンはもっとこうしたい”等言わせていただいたんですが、それをあったかく受け入れて“そうだよね、俺もそう思うよ。それならこうしよう”と言いながら台本や曲にも手を入れてくれました。こんな貴重な体験はないなとずっと感じていました」

――ソンドハイム作品も2作目ですね。

『メリリー』終盤のフランク(柿澤勇人)とチャーリー(小池徹平) 撮影:渡部孝弘

『メリリー』終盤のフランク(柿澤勇人)とチャーリー(小池徹平) 撮影:渡部孝弘

「ちゃんとやれたことがないんじゃないかなというくらい、難しいです。昨日も実は音を一個外したことで、ちょっと狂ってしまったし。でも、「これほんとに歌えるの?」というほど第一印象は難しいけれど、気づいてみると歌えてしまう。キャラクターの心情に正直に作られているんです。他の作曲家と比べると、演劇的な作曲家という印象かな。例えばロイド=ウェバーやワイルドホーンは「私は今こんなに愛してる」「こんなにつらい」という感情の高まりを音に語らせる。一方でソンドハイムは会話や心情、心臓の音に至るまでをシンプルに音にしていて、体に入れれば入れるほど歌い易くなるんです。きれいな、通る声で歌わなければいけない曲はなくて、思ったことがそのまま歌になったイメージですね。難しいけど歌えて幸せです」

――千秋楽まで、ご自身の中ではどんな課題を抱いていらっしゃいますか?

「課題だらけです(笑)。出来る役者は例え20歳でも、凄い芝居をやれると思うので、もっともっと深めていきたいなと思います。でも何より、今回はカンパニーも仲がいいし、一回一回の公演が楽しいので、楽しみながら12月の千秋楽まで行けたらと思っています」

曽祖父は清元の伝説的存在・清元志寿大夫

――柿澤さんのひいおじいさまは故・清元志寿大夫さんなのですね。晩年の十年間ほど、歌舞伎座でよく拝見しましたが、当時すでに90歳を超えていらしたのに艶やかで声量たっぷりの高音は今も忘れられません。そういうお家柄に生まれたのに、清元に進まなかったのは?

「やるか?と聞かれはしましたが、何の迷いもなく“やらない”と答えていました。兄の影響で3歳ごろからサッカーに夢中だったし、清元のイメージが子供心に、怖かったんです。僕の父は(志寿大夫の)次男筋で、長男の家系のいとこが現在、跡を継いでいます。その彼らが、家族なのに(志寿大夫に対して)敬語を使うんですよ。そういう姿を見て、怖いし、怒られる世界なんだな、と思ってしまったんです。家元ではないので、強制はされず、サッカーばかりやり通けることができました」

――高校入学まではプロサッカー選手を目指されていたのに、突然ミュージカルに転向されたのは?

「高校では体育科サッカー専攻だったのですが、そこには200人もいて、試合に出られるのは11人。僕は4軍スタートで、自分はうまいと思って入ったのに、自分よりうまいやつが100何人もいる。現実を思い知って将来どうしようかと考えていたころ、芸術鑑賞の授業で『ライオンキング』を観て、何かがひらめきました。同級生たちもみんないいやつで『お前できるんじゃない?あそこにいそうだよね』と言ってくれて、それを真に受けてしまったんです(笑)。ダンスは未経験だったけど、歌はもともと好きで、小学校の頃は合唱部でボーイソプラノを歌い、バズーカのように声が出る面白さも味わっていました。でも高校を卒業してオーディションに合格し、劇団四季の研究所に入ってみたら、周りはバレエコンクールで賞をとっていたり、音大を出ていたりで、素人同然なのは僕だけでした。

必死にくらいついた劇団時代

研究所での1年は必死でした。毎日、朝からバレエや歌のレッスンを受けて、夕方いったん帰宅してご飯を食べて仮眠して、また夜遅くに稽古場にいって、その日に出来なかった部分を自習する。やっぱり“下手くそ”と言われっぱなしは悔しいし、時々技能試験が抜き打ち的にあって、そこで落ちたら本当に終わりなので……。でも、出来なかったことが出来てくると嬉しいですし、だんだんのめりこんでいきました」

――入団した年に『ジーザス・クライスト=スーパースター』のアンサンブルでデビュー。翌年いきなり『人間になりたがった猫』に主演されましたね。

「猫のライオネルという役なんですが、今までやってきた作品で最もダンスの多い役でした。劇団のなかでも、ダンサーの人がやる役なんですよ。死にもの狂いで稽古しました。あんなにダンスを頑張ることって、もうこの先もないかもしれない(笑)。そしてまだこの役を演じていた時にいただいた次のチャンスが、『ライオンキング』のシンバでした。でも突然“明日、出演しなさい”と言われ、準備不足で何もできませんでした。緊張して声も震えてしまい、当然すぐ降ろされて……。すさまじい日々でしたが、そこで一歩でも引いたら終わりなんです。かじりついて行くしかない。俳優として、ものすごく根性が鍛えられました」

――その翌年には、柿澤さんという存在を世に強烈に印象づけた『春のめざめ』初演がありました。

「あれはいい経験でした。ブロードウェイのスタッフによる演出がカルチャーショックというか、彼らはとにかく(内面を)出せ、と言う。“君が今感じているのは、そんなものじゃないだろう?”と、とにかくエネルギッシュに迫ってくるんです。言われた人は悔しいから翌日芝居を変えてくるし、周りも“俺も負けちゃいられない”と身が引き締まる。そういう経験ができた作品でした」

――その年末、劇団四季を退団されたのですね。

「タイミング的に、大学に戻りたかったんです。僕は高校を卒業後、大学に半年間行ってその秋に劇団四季のオーディションを受け、翌年から休学している状態だったのですが、籍を置いておけるリミットがあり、もう少し勉強するなら今だ、と思ったんですね。また『春のめざめ』を体験したことで、新しい世界をもっと見てみたいという気持ちも芽生えていました。大学では表象言語を専攻していて、お陰様で今年の3月、卒業できました」

“丸裸”にされた経験が今に生きている

『アリス・イン・ワンダーランド』左からJOY、田代万里生、安蘭けい、松原剛志、柿澤勇人undefined写真提供:ホリプロ

『アリス・イン・ワンダーランド』左からJOY、田代万里生、安蘭けい、松原剛志、柿澤勇人 写真提供:ホリプロ

――退団後、様々な作品に出演されていますが、ご自身の中で転機になったのは?

「全部そうですが、『スリル・ミー』は四季を辞めて初めての作品で、栗山民也さん演出の二人芝居。今はなき、六本木のアトリエフォンテーヌという100席くらいしかないキャパの劇場でやったんですけど、それが作品に合って、とてもクールでかっこいい舞台になったんです。それまで劇団四季の大きな劇場での公演に慣れていたので、異空間に感じられて、楽しかったしいい意味で衝撃的でした。

『海辺のカフカ』2012年初演舞台写真undefined撮影:渡部孝弘

『海辺のカフカ』2012年初演舞台写真 撮影:渡部孝弘

もう一本は『海辺のカフカ』。念願のストレートプレイ出演が蜷川幸雄さんの演出で叶い、ターニングポイントになりました。人生観や役者観がかなり変わりましたね。屈折しました。蜷川さんからは“そんな通る声で台詞喋って。俺たちは人生を反映して見せるんだ。きれいごとじゃすまないんだ”って毎日ぼこぼこに言われて、ストレスで40度の熱が出て。台詞だけじゃなく、例えば立つときも“屈折した奴ならどっちかに重心をかけるだろう”とか、細かいところまで見てくれました。丸裸にされて“おまえのすべてが悪い”と毎日言われてきつかったけど、あれがあったから今の自分があると思うし、より芝居にのめりこむことが出来たと思います。
『ロミオ&ジュリエット』撮影:渡部孝弘

『ロミオ&ジュリエット』撮影:渡部孝弘

『ロミオ&ジュリエット』は、楽しい思い出ですね。大学でもシェイクスピアを勉強していたので、ロミオを演じられたのは大きかったです。劇場も巨大で、プレッシャーはありましたが、本番に入ったら毎日が楽しかったなあ。東京公演のみでしたが、宝物みたいな体験でした」

――今後はどんな役者をめざしていらっしゃいますか?

「ジャンルを問わず、芝居とひたむきに向き合っていきたいです。そして何かが残せる芝居ができたら。どういう役、という希望は特にないです。今までも殺人者にゲイ、ロボットといろんな役を演じてきました。なんでもやってみたいです!」


サッカーから演劇へと転向し、劇団四季も2年で退団。これまで潔い決断を重ねてきた柿澤さんに念のため(笑)、「今後、潔く清元の世界に入門…ということは無いでしょうか?」と尋ねてみると、即座に「いやいやいや、そんな甘い世界じゃないですよ!」と返ってきました。でも、「僕三味線を持ったこともないので、機会があったら稽古はつけてもらいたいです。絶対(役者として)プラスになるような気がするんですよ」と、ちょっと興味はあるご様子。この貪欲さが、名だたる演出家たちの心に響き、柿澤さんにより高いハードルを跳躍させてきたのでしょう。その姿は今後、観客の心に何を残すのか……。期待はいや増すばかりです。

*公演情報*『メリリー・ウィー・ロール・アロング―それでも僕らは前へ進む―』上演中~13年11月17日=天王洲銀河劇場 13年12月6~8日=梅田芸術劇場

*次頁に2017年7月のコメントを追加掲載しました!

2017年7月インタビュー
『ラディアント・ベイビー』等の思い出、
そして今、抱くヴィジョン

(C)Marino Matsushima

(C)Marino Matsushima

*最新作『デスノート』についてのインタビュー記事はこちら

――近作では『ラディアント・ベイビー』で演じたキース・へリング役が鮮烈でした。けれど公演終盤でお怪我をされ、大きな試練だったではないかと拝察します。

「そうですね、演劇人生最大の挫折でした。今でもあのときのことは鮮明に覚えていますし、車の中でたまに『ラディアント・ベイビー』の曲を聴くと、聴いているだけで涙が出てきますね。怪我して降板したからというだけでなく、それだけ思い入れがある役で、本当にぎりぎりのところで演じていました。キースは31歳で亡くなったので、僕も31歳になるまでにリベンジしたい、もう一度演じたいという気持ちがあります。思い起こすと、一番苦しかった役でしたね。でも一番楽しかった役でもあります。あと3公演だけだったのに……と思うと、(怪我をしたことは)本当に悔しいですよね」

――傾斜舞台で踏み外して……といったお怪我だったのですか?

「いえ、なんていうことのないところで、振付が激しいというのではなくノリが激しいだけのところで、アキレス腱を切ってしまったんです。常にその日のベストを尽くすために、僕は楽屋に入ったら2時間ぐらいかけて体をあたためているし、『ラディアント』の時はトレーナーもつけていただいて準備は万端だったんですけれど、アキレス腱って準備運動の有無に関係なく、切る人は切るらしくて……。なんていうことのないところで切れちゃったのが本当に悔しかったです」

――今年演じた『紳士のための愛と殺人の手引き』はコメディであり、シリアスな場面もある作品でした。

「難しかったですね、出ずっぱりでしたし。どこかで楽屋に帰りたかったです(笑)。でも、市村(正親)さんが楽しんで8役を演じ分けていらっしゃる、その芝居を受けて僕らからも仕掛けて……。僕は野心をもって(一族の莫大な遺産を手にしようと)ある意味淡々と、目的を遂行してステップアップしていくような役どころで、楽しかったですよ。

なにより“市村正親という生きざま”を目の当たりにして圧倒されました。ヨガで全部汗を出して、それから稽古場に入って、稽古終わってからもさらにヨガに行かれる日もあって、役者の鑑だ、俺は絶対にできないと思いました。朝は寝ていたいし稽古が終わったら飲みに行きたいというタイプですし(笑)」

――ストイックなタイプではない?

「かつてはストイックだったんですけどね。もうストイックではなくなりました。でも稽古場や楽屋に入ったらもちろんちゃんとやりますよ。でも市村さんはプライベートでもちゃんとなさっていて、『紳士のための~』ではその背中をずっと見せられた感じがあって、改めてかっこいいなと思いましたね」

――『フランケンシュタイン』にも主演され、非常に順調にキャリアを築かれています。

「いやあ、ぎりぎりですよ。いつも背水の陣だと思って臨んでいます。その役が評価されなかったら次は無いですからね。一つ一つの仕事がオーディションみたいなものですよね。一回一回が勝負だなと思うし、僕はどちらかというと基本がネガティブだから、ちょっとでもミスをしたらすごくダメージが大きいですよね、あぁやっちゃったなぁ、と」

――それをアルコールで晴らすという(笑)。

「そうそう(笑)」

――現時点ではどんなビジョンをお持ちでしょうか?

「僕はミュージカルにはこだわっていなくて、どの畑でも強くいたいなと思っています。憧れているのが大竹しのぶさんで、ミュージカルでも芝居でも映像でも、常に戦って常に結果を出されていますよね。この前も電話でお話していて、連ドラ『ごめん、愛してる』に出ながら『にんじん』の稽古をされているとおっしゃっていました。大竹さんのような、どの畑でも強い役者でいたいな、と思っています」

――舞台に映像に、ますます各方面で活躍してくださるのですね。

「しなきゃいけないな、と思っています」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。