私が見てきた婚活疲れしている女性の特徴です

■自分を見失っている
婚活当初は、自分はこういう結婚生活がしたい、こういう男性が良い、など自分の希望や夢を持っている方が多いものです。
しかし婚活が長くなるにつれ、自分が何を求めているのか、果てにはなぜ自分が婚活をしているのか、結婚したいのかどうかも分からなくなる方が多いです。

■結婚相手や結婚生活に求める条件を妥協しすぎている

ある程度の妥協(完璧を求めない)は必要ですが、過剰に条件を落とすという事は、自分に自信を失っている証拠です。
自分が結婚相手や生活に求めているものが過剰なのか、正常なのか、もしくは妥協しすぎているのか、時には第三者の意見も必要です。
妥協しすぎているのであれば、身近な人に自分の良い所を挙げてもらい、自信を取り戻すことが必要です。

■人と会いたがらない

ある程度の年齢に達すると、周りに結婚の話が増えたり、「まだ結婚しないの?」という会話が増えます。
その都度感じる、焦り・自分の将来への不安感・両親への申し訳なさ・うんざり感、などを感じたくないために、人との交流が減ります。

■自分の悪い部分ばかりを話す
婚活が上手くいかない=自分に欠陥がある、とばかりに自分の悪い所ばかりが目につくようになります。
  • 家事ができない
  • 美しくない
  • 女性らしくない
  • わがまま
  • 経済力がない
  • 家庭が複雑だったため、家庭を築く自信がない
など、欠点と思われる点ばかりを探し始め、「だから自分は結婚ができないのだ」と結論付けます。
自分が欠点と思う点でも、相手にとっては守りたい、愛したい点だったりもします。
疲れを癒し、自分の全てを受け入れてくれる人がいるはずだ、という希望を取り戻す必要があります。

■結婚が全てになっている

人生では結婚生活だけでなく、仕事や友人、趣味などのバランスが必要ですが、「結婚できない私は幸せになれない」と、他の全てまで放棄される方が多くいらっしゃいます。

自分がなぜ結婚をしたいのか?
  • 結婚相手と、お互いを高め合っていきたい
  • 幸せを分かち合いたい
  • 安心感のある生活を送りたい
など、本来の目的を思い出し、結婚がゴール、全てにならないように注意が必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。