2回目のデートにつなげるために……

初めてのデートは、誘ったほうもOKしたほうもちょっとワクワク・ドキドキ。

このデートをきっかけに、ますます相手のことが好きになってしまうかもしれないし、ちょっとがっかりすることもあるかも知れません。

でも、幸いに「一緒にいて楽しいな! この人いいな!」と思えたら、より相手のことをもっと知りたくなりますし、また顔を見て二人で同じ時間を過ごしたくなります。

「今度またデートしない?」と2回目のデートにつなげるには、最初のデートの前に、「相手が興味を持ちそうなお誘いの話題」をしっかり用意しておくことが大切です。

「今度飲みにいかない?」などのように漠然とした誘いでは「いいね」だけで終わってしまうこともあるので、具体的な内容で誘うことが大切です。


リサーチが必要な2度目のデート

事前に彼(彼女)が興味を持ちそうなイベント、今度公開される映画、アート展、スポーツなどをリサーチしましょう。

最初のデートから1週間~10日後くらい後に催されるものが良いでしょう。

パンフレットが入手できたり、内容をプリントアウトできればさらにGOODです。

食事をしながら「そういえば、◯◯好きだったよね。来週こんなイベントやっているんだけど遊びに行ってみない?」と誘ってみましょう。

1回目のデートで貴方にうんざりしていなければ、OKしてくれる筈です。

相手にも都合があるので、できれば1日だけのイベントよりも数日間は開催しているようなもののほうが、日にちも具体的に決めやすいでしょう。

まだ1回目のデートでは距離感があるので、次のデートは「評判のレストランがあるんだ」などと高級フレンチに誘ったり、「夜景のきれいなバーがあるんだ」などと飲みに誘うよりも、「一緒に何かを観に行く」企画のほうが相手も構えずOKしやすいものです。

そしてOKの返事をもらったら、その日の夜の予定もさりげなく聞いてみましょう。

「その後夕飯食べて帰れる?」にOKをしてくれるようなら、相手も2度目のデートに乗り気だと思います。

「どんな料理が好き?」などと聞いて、ある程度具体的に候補を絞ったら、「じゃ、お互いに良さそうなお店探し合おうか!」などと提案。

どちらかが一方的に仕切るより、美味しいタイスキの店を探す……というような共同作業をしたほうが、より親密度が深まり、2度目のデートがお互いに楽しみになります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。