好きな人との最初の一歩を成功させる

改めて考えてみると手を繋ぐってロマンティックな行為だなあ、と思います。付き合いが長くなると自然に出来ちゃう事も、まだお付き合いの期間が短かったり、付き合っているのかいないのか微妙な状況だったらそれはそれはドキドキしますよね。好きな人と手を繋ぐための色々なアクション……ご紹介していきましょう。


男性側から自然に手を繋ぐ方法

■人混みを利用する
混雑しているショッピングセンターやお祭りの会場等、人が溢れている場所を利用すれば自然に手を繋ぎやすくなります。「ほら、はぐれちゃうから」と男性側から手を出せば彼女も差し出した手をすっと握ってくれるのではないでしょうか。

■ネイルを褒める
公園のベンチやカフェのカウンター等、並んで座っている時に偶然気付いた振りをして彼女に一言。「凄く綺麗なネイルだね。どうやって塗ってるの?」この台詞と共に手を取れば自然に手を繋ぐ流れに進展させていけそうです。万が一失敗しても「へえー、そうなんだ……ありがとう。」と手を離せば傷は浅い……かも。

■手相を見るテイで
ちょっとお酒が入った時やかなり砕けたムードになった時はダメ元でこんな方法を使うのもアリかもしれません、「俺、手相見るの得意なんだ。ちょっといい?」と彼女の手を取ります。そして「お、近くにいる人と付き合うって出てるよ。」なんて一手も打ってみたり。


女性側から自然に手を繋ぐ方法

■駄々をこねるフリをする
一緒に歩いている時に「あー何か疲れちゃった。もう歩きたくない。」と可愛く駄々をこねてみます。そこで彼が「仕方ないなあ、行くよ。」と手を出してくれたらその手を取ればいいですし、「仕方ないなあ、少し休む?」……な返しが来たら「大丈夫」と自分から手を繋いじゃいましょう。

■怖~いシチュエーションを利用する
2人で入った映画館。本当はホラー映画もスプラッタも大得意。でもソコは隠して「怖いから手を繋いでいい?」と可愛く攻めてみるのは如何でしょう。彼の保護欲も刺激して一石二鳥かも。

■可愛く&ストレートにアクションを起こす
ちょこっと草食系の彼。このままだと今日も手を繋いで貰えないかも……。そんな風に感じたら女性の方から勇気を出して言ってみてもいいかもしれません。「あのね、今日こそ〇〇君と手を繋げたらいいな、って思ってたんだ。」と可愛く&ストレートに手を出してみましょう。これで手を繋いでくれない男性はいない筈!


男女どちらでも使える方法

青い信号が点滅し、もうじき赤に変わる……そんなシチュエーションに遭遇できたら、「ほら、信号変わっちゃう」と相手の手を取り一緒に走りましょう。時間読みをするのは大変ですが、この上なく自然な場面になりそうです。

手を繋ぐって最初のボディコミュニケーションですよね。
最初の一歩を成功させるため、参考にして頂ければ幸いです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。