ルートヴィヒスブルクのバロック・クリスマスマーケット

weihnachtsmarktstaende

シンメトリーにレイアウトされた屋台と天使が輝くバロック・クリスマス市 (C)STADT LUDWIGSBURG

シュトゥットガルトの北約12kmに位置するルートヴィヒスブルクは、「ドイツのヴェルサイユ」とも呼ばれる豪華なルートヴィヒスブルク宮殿で知られる美しい街。二つの教会が向かい合うようにして建つマルクト広場を中心に開催される「バロック・クリスマスマーケット」は、街と同じようにシンメトリーにレイアウトされた屋台が170以上も並び羽を広げた天使のイルミネーションが輝いて厳かな雰囲気です。
ルートヴィヒスブルクのクリスマスマーケット

羽を広げた天使のイルミネーションが輝く美しいクリスマスマーケット


広場中央の特設ステージでは期間中様々なプログラムを開催。毎日午後3時からはマリオネットや人形劇、手品ショーなど子ども向けのプログラム、午後7時からは日替わりのコンサートが楽しめます。
 

あったかクリスマスグッズに郷土料理

ludwigsburg1

エルツ山地で作られる木製のキャンドルスタンド「ピラミーデ」。火を灯すとプロペラがまわる仕掛け

ludwigsburg3

クッキーやケーキ型などキッチン用品も充実

この市の屋台はバロック式にすっきりと並び、ショッピングアーケードのように見やすいレイアウト。クリスマス用のオーナメントやエルツ山地で作られる木製キャンドルスタンド「ピラミーデ」、手編みの帽子やルームシューズなど、寒い冬をあたためてくれそうなものがいっぱい。グルメが多いといわれるこの地方にふさわしくキッチン用品も充実しています。

 
ludwigsburgessen

名物!シュヴァーベン風ピザ

フード屋台は、クリスマスマーケットには欠かせないグリューワイン(スパイス入りホットワイン)にソーセージから、イタリアやオーストリア料理までインターナショナル。ワッフルやレープクーヘン、シュトレンなどのスイーツも揃います。じゃがいもやベーコンをのせて窯で焼いたピザ風の食べ物「Holzofendinnede」はシュヴァーベン地方の名物。焼きたてほかほかをぜひお試しあれ!
 

バロック建築の傑作! ルートヴィヒスブルク宮殿も訪れよう

ludwigsburgschloss

ドイツ最大のバロック宮殿「ルートヴィヒスブルク宮殿」は見ごたえたっぷり (C) STADT LUDWIGSBURG

この街を訪れたなら、バロック宮殿の傑作といわれるルートヴィヒスブルク宮殿を見学するのもおすすめです。ヴュルテンベルク大公エバーハルト・ルートヴィヒの夏の離宮として建てられた宮殿は、18の建物に452部屋、宮廷劇場や教会などもある豪華絢爛なもの。1200人の貴族に対し2300人もの使用人が働いていたということからも「ルートヴィヒが法律」だった当時の権力の大きさがうかがえます。貴族の衣装のコスチュームガイドやワイン付きガイドなど趣向を凝らした館内ガイドツアーも人気です。

宮廷壺として発達した城内工房で作られる磁器はマイセンと並ぶ逸品。絵付けはすべて手描きというルートヴィヒス磁器はかなり値が張りますが、併設のショップではクリスマス飾りやボトルキャップ(40ユーロ~)など手頃なものも見つかりますよ。

こちらの記事も参考にどうぞ
>>>シュトゥットガルト周辺のクリスマスマーケットめぐり
>>>世界最大!シュトゥットガルトのクリスマスマーケット

<DATA>
Ludwigsburger Barock-Weihnachtsmarkt (クリスマスマーケット)
2018年の開催期間:11/27~12/23
開催時間:11:00~21:00 ステージプログラムは15:00と19:00に開催
アクセス:シュトゥットガルト中央駅からLudwigsburg駅までSバーンで約20分。駅からマルクト広場までは徒歩10分

Residennzschloss Ludwigsburg(ルートヴィヒスブルク宮殿)
住所:Schlossstr.30
TEL:07141-1820 04
営業時間:10:00~17:00
入場料:6.5ユーロ
アクセス:Ludwigsburg駅から徒歩15分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。