絵本の世界のように幻想的なエスリンゲンの中世市

esslingen1

赤い壁ととんがり屋根が印象的な旧市庁舎や木組みの家々が並ぶ市庁舎広場では、中世のクリスマス市を開催

シュトゥットガルトの郊外、ネッカー河畔のエスリンゲンは中世の面影が色濃く残る街。「小ベニス」とも呼ばれる運河と水車の眺め、天文時計と仕掛け人形のある市庁舎、ドイツ最古の木組みの家々が並ぶ絵本の世界のような可愛らしい街を舞台に約1000年前の中世をテーマにしたクリスマスマーケット(Mittelaltermarkt)が開かれます。ここではお店や人々の衣装、言葉までもが中世の世界。まるでタイムスリップしたかのような幻想的なクリスマスマーケットを体験することができます。ドイツの数ある有名クリスマスマーケットの中でもエスリンゲンの中世市はとくに観光客に人気が高く、スイスやフランス、スペインなどからもたくさんの人々が押し寄せます。
エスリンゲンのクリスマスマーケット

中世風の大道芸人行列も楽しいエスリンゲンのクリスマスマーケット

エスリンゲンでは、中世市と一緒に通常のクリスマスマーケット(Weihnachtsmarkt)
も開催され約180もの屋台がたちます。通常の市の会場は街の観光案内所があるマルクトプラッツ(Marktplatz)。中世市の方はお隣の市庁舎広場(Rathausplatz)やハーフェンマルクト(Hafenmarkt)を中心に開催されます。一度に二つのクリスマス市を楽しめるのも魅力ですが、エスリンゲンは街自体がとても可愛いので年間を通しておすすめですよ!
 

中世ふうの屋台グルメを味わおう!

esslingen5

中世市では他では見られない珍しい食べ物に出会えるのも魅力。写真は直火焼きの香ばしいパン

esslingen7

りんごフライ屋の陽気なお兄さん

クリスマスマーケットの大きな楽しみの1つが屋台グルメ。グリューワイン(スパイス入りホットワイン)や焼きソーセージなどクリスマス市でおなじみのメニューももちろん揃っていますが、中世市へ足を踏み入れると他では見られない珍しい食べ物がいっぱい。ぶどうの代わりにりんごから作った白いグリューワインや木の棒に巻き付けて直火で焼いたパンなど、楽しくて美味しいものに次々と出会うことができます。
 

次のページでは、温もりを感じる雑貨やレトロな遊具をご紹介します。