転職にあたって、優先順位をつける

3つ目が妥協できる条件を考える、ということです。

もちろん、自分の希望に合う勤務先が見つかることが望ましいのですが、なかなかすべての条件を満たす転職は困難でしょう。

限られた時間で理想に一番近い職場を見つけるためには、優先順位が高くないものは思い切って目をつぶるということも、ときには必要です。


転職先の探し方

薬剤師undefined転職

転職に失敗しないために、時間に余裕を持って慎重かつ計画的に

薬剤師の転職先の探し方として、「自分で探す方法」と「紹介会社を利用する方法」があります。

希望の転職先が具体的にあるならば、募集の有無にかかわらず連絡を取り、採用について直接問い合わせてみるのもよいでしょう。

しかし、そうでない場合は紹介会社を利用するのが近道です。

転職活動には意外に時間がかかりますが、このような会社に希望を伝えておくと、あなたに合った最新の求人情報を届けてくれます。

勤務をしながらの転職活動というのは、思った以上に大変なものです。
紹介会社をうまく利用することで、これらの負担を減らし効率的な転職活動ができます。また、担当のスタッフとのやり取りを通して、自分のやりたいことが固まったという声も耳にします。

しかしながら、これらの紹介会社では紹介されることがない求人情報もあります。

例えば、大学病院の薬剤部や研修に定評のある施設のレジデント募集など、人気のある求人はこのような会社に掲載を依頼しなくても入職希望者が集まるため、掲載料や紹介料を支払って募集することはありません。当然、紹介会社がこのような求人を案内することはなく、転職を希望する場合は、日ごろから各病院、施設のホームページ等をチェックしておくことが大切です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。