両肘で床を押し、肩甲骨周辺を開き、就寝中の背中、肩の凝りを解消しましょう。

ほかのギャラリーを見る