ベンタン市場で買い物をしよう

ben thanh market

観光エリアにあるベンタン市場

「ホーチミン旅行の目的は雑貨!」と答える方も多いと思います。ホーチミンはまさに雑貨天国。特に、観光のメインになる1区中心は観光客向けの雑貨ショップが多数並んでいます。ですが、せっかく東南アジアに来たのだから異国情緒感じる市場でもショッピングをしてみたいところ。

そこでガイドがおすすめしたいのが「ベンタン市場」です。1914年設立と、とても長い歴史を持っている市場で、主に外国人観光客に特化した市場となっています。とは言え、中には食堂や果物屋などもあり、現地の人々の生活風景も垣間見ることができます。今回はベンタン市場の歩き方から買い物の注意点などご紹介していきます。

1区中心にあるから徒歩圏内

ベンタン市場はLe Loi(レロイ)通り沿いに位置。市民劇場や統一会堂からは歩いて10~15分程度の距離です。ただし日中は日差しが強く、15分と言えども体力は消耗してしまいがち。気温と自分の体力を見て必要ならばタクシーを使いましょう。市民劇場からは約2万ドン程度で行けます。

ben thanh market1

ロータリー中央には英雄の像が

ベンタン市場正面は大きなロータリーとなっていて、中央にはベトナムの将軍チャン・グエン・ハンの像があります。ロータリーは交通量が多く、また信号もないため、周辺を歩くときは注意してください。

 

ベンタン市場の歩き方

ben thanh market2

時計台側が市場正面となる

ベンタン市場には1000以上のお店があります。場内の区画は整備されていて、「衣類エリア」、「雑貨エリア」、「食品エリア」、「食堂エリア」の4つに大別することができます。ただし実際はある程度入り乱れてはいますが……。

東西と南北にはエリアを隔てるため十字を切るように幅広い通路があるので、迷ったら道幅の広い通路を探すか、もしくは端に沿って歩き出口を探しましょう。出入口は東西南北それぞれにあります。

ben thanh market3

入口付近にはマップもある

時計台側が市場の正面入口となり、方角で言えば南口。入場してすぐ右側には市場のマップがありますが、表記は主にベトナム語です。少しだけ英語が混じっておりますが、利用するほど便利ではありません……。 

ガイドがおすすめする歩き方としては、マップを逐一確認するのではなく、とりあえず歩いて市場散策をすること。市場は広いですが、小一時間も歩いていれば先に紹介した4つのエリアには行きつくことができるはずです。