ラクしてキレイ! “寝ながら美容”のうれしいメリットとは

undefined

寝ている時間を有効活用!

どんなに忙しくても、1日は24時間。誰にでも平等に……です。しかもそのうちの約3分の1は、睡眠時間が占めています。この時間を美容に有効活用するかどうかで、美人度に大きく差がつきそうですよね。

寝ている間の肌は、日中に受けたダメージを修復し、肌細胞が新しく生まれ変わる新陳代謝が活発になっている状態。肌が栄養やうるおいをたっぷり吸収する、絶好の美容チャンスでもあります。寝る前に効果的なスキンケアやボディケアを行うことで、肌が自らキレイになろうとする力を最大限に高めることができるのです。

そこで今回は、寝る前に“塗るだけ”“履くだけ”で睡眠時間を美容タイムに変える、最新の寝ながら美容アイテムをご紹介します。


メラニン生成の司令をブロック! 夜専用の美白ジェルパック

undefined

高保湿成分の潤白コンプレックスが肌に潤いをたっぷり注入

オルビス「オーバーナイトホワイトニングジェルEX」30g/3360円

美肌のために、季節を問わず必要なのが美白と保湿。うっかり紫外線を浴びてしまった日のリセットケアには、オルビスの高保湿美白ジェルパックが最適です。

ジェルの黄色の正体は、新たに配合された紫外線ダメージブロック成分(オウバクエキス)。夜の時間帯にピークを迎えるメラニン生成の司令を集中的にブロックすることで、日中に浴びた紫外線によるシミを防ぎます。さらに、持続性ビタミンC誘導体が眠る前に伝わってしまった紫外線ダメージにも対応してくれるから頼もしい限りですね。


塗って寝るだけで、敏感肌でも本格的エイジングケア

undefined

アルージェならではの低刺激処方で、デリケートな肌にも

アルージェ「ウォータリーシーリングマスク」35g/3150円

敏感肌でも本格的エイジングケアができるアルージェの高濃密睡眠パックがこの秋、11年ぶりにリニューアルしました。

注目ポイントは、肌との親和性の高い天然セラミドを増量し、新たに肌のバリア機能を強化するコメ発酵液とアボカドエキスを配合した点。寝ている間の肌を乾燥や炎症、酸化から守り、潤いで密閉しながら美容成分を送り込みます。みずみずしい感触はそのままに、肌への密着感がアップ。肌になじませるとぐんぐん浸透してベタつかず、翌朝までしっとり感が持続します。朝起きた時の、もっちり、ピーンとした肌感触が楽しみに!


年齢の出やすい手肌にも、寝ている間に潤いチャージ

undefined

指一本一本まで、マッサージするように塗りこんで

アトリックス「ビューティーチャージ ナイトスペリア」98g/オープン価格

ハンドケアもスキンケアと同じように、ターンオーバーが活性化される夜にケアを行うのが効果的。日中は時間がなくてしっかりケアできないという人も、夜寝る前は保湿ケアをぜひ習慣にして。

夜のお手入れに使うアイテムは集中的に保湿ができるよう、こっくりと濃厚なテクスチャーで、潤いをしっかり閉じ込めるようなタイプがおすすめ。こちらの商品はローヤルゼリーエキスなどの美容液成分が贅沢に配合されていて、リラックスできる香りにも癒されます。美容液成分入りのカプセルがはじけたらマッサージ終了の合図というように、お手入れ時間がわかりやすいのもうれしいポイント。これなら無理なく楽しく習慣にできそうです。


ふわふわモコモコなのに、翌朝すっきり美脚!

undefined

締めつけ感がなく、心地良くキュッ!

スリムウォーク「夢みるここちのスリムウォーク ふわモコ美脚 ロングタイプ」オープン価格

パンパン脚が気になる人におすすめなのが、寝ている間に履けるタイプの着圧ソックス。こちらはふわモコ素材があたたかくて気持ちいい! 太ももまでケアできるロングタイプながら、履き口のゴムが柔らかいので締めつけ感がなく、跡残りもしにくいのが特長です。オープントウなのでムレにくいのもうれしいポイント。見た目も可愛くて、毎晩のくつろぎ&おやすみタイムに大活躍しそう。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。