大晦日の晩餐に出されるもの

イメージ画像

11月頃から店頭に並ぶ数々のシャンパン

大晦日の晩餐には、シャンパン (champagne / シャンパーニュ) とフォアグラ (foie gras / フォア グら) が登場します。







イメージ画像

フォアグラいろいろ

ノエルのときには、定番料理または伝統料理が用意されることが多いのですが、この晩餐には特に定番料理というものはないようです。(※ただし、家庭や地方によっては決まった習慣があるかもしれません。)


 


もちろん、シャンパンとフォアグラのほかにも、

キャヴィア (caviar / キャヴィア)
イメージ画像

大晦日の晩餐に使われる食材


イクラ (œufs de saumon / ウフ ドゥ ソモン)
牡蠣 (huître / ユイットゥる)
ザリガニ (écrevisse / エクるヴィス)
エビやカニ (crustacés / クるュスタセ)
魚介類 (fruits de mer / フりュイ ドゥ メーる)
ロースト (rôti / ろティ) された肉
チーズ (fromages / ふろマージュ)

など豪華な食材を使って、いろいろな趣向を凝らした「ごちそう」が用意されます。
もちろん、デザート(desserts / デセーる) もたっぷりです。


新年を迎えるときの習慣

いよいよ新年を迎えるときは、カウントダウンをします。 

真夜中を迎えると、
Bonne année ! (ボンナネ / 明けましておめでとう)
と、ほほにチュッとビズ(Bise / ビズ)をします。

パリでは多くの観光客がシャンゼリゼ大通りやエッフェル塔の下に集まり、真夜中を迎えます。


メッセージいろいろ

携帯電話が便利になったので、真夜中を打つとメッセージが飛び交うことになりました。いろいろな言い方ができますが、一番多く使われているのは次の表現です。

・Bonne année
・Meilleurs Vœux (メイユーる ヴー / 良いお年を )
Bonne santé et plein de bonne chose
( ボンヌ サンテ エ プレィン ドゥ ボンヌ ショーズ / 健康でいいことがたくさんありますように)

また、新年を一緒に迎えなかった家族や親しい友人には、元旦の日に電話をかけ合います。

みなさんも、どうぞ楽しい年末年始をお迎えください。


※発音表記は、区別をするために、R の音はひらがなで、L の音はカタカナで表示しています。


【関連記事】
フラ語でキメる! 年末年始のご挨拶
年末年始のグリーティングカードの書き方



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。