ファンキーな名曲揃いでクセになるアルバム
『Blood Sugar Sex Magic』

■バンド名
Red Hot Chili Peppers

■国内販売メーカー

ワーナーミュージック・ジャパン

■おすすめ理由
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下RHCP)のファンの間で最も評価が高いのがこの5枚目アルバムBSSM。シングルカットされた「Give it away」はグラミー賞やMTV賞など、数多くの賞を獲得しました。

ヴォーカルのアンソニーの薬物依存体験を歌にした「Under the Bridge」は歌詞が泣ける、
コーラスが美しい名バラード。PVはガス・ヴァン・サントが監督しています。他にもイントロのスローなドラムから既にかっこいい「Blood Sugar Sex Magic」、アウトロのリピートが後を引く「Sir Psycho Sexy」など、ノれてクセになるファンキーな名曲揃い。

ヘロインの過剰摂取により急逝してしまったギタリスト、ヒレルを歌った「My Lovery Man」でさえ、湿っぽいバラードではなくビートの効いたファンクロックに徹しているのも彼ららしい。
前作「Mother's Milk」に引き続き、存在感のある、一度聴いたら忘れられない重厚なリフのオンパレードは健在です。

気分を上げたい時にこのアルバムを聴きます。どのような背景で曲たちが作られたのかがわかる、このアルバムのメイキングビデオ「Funky Monks」も必見です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。