今作以降、大きく変化する特徴的な曲調

■アルバム名
The Captain and Me

■バンド名
The Doobie Brothers

■おすすめ理由

1973年に発表された、テッド・テンプルマンプロデュースのアルバム。

“アメリカン・ロックの良心”と言われたバーバンクサウンド(中心地はサンフランシスコ)のバンドとしてデビューしたドゥービー・ブラザーズだが、オリジナルメンバーのトム・ジョンストンがブルースやR&Bに傾倒していたためサザンロックの要素がたっぷりで、このアルバムはその独特のサウンドが凝縮された名盤。

この後、トム・ジョンストンが抜けて、キーボードのマイケル・マクドナルドが入り、特徴的だった泥臭さが抜けて曲調が大きく変わってしまったため、ドゥービー本来のサウンドはここまでとする意見もある。

※ドゥービー・ブラザーズはイーグルスなどと共に日本でも大変人気があったので、バンド名を知らなくても、このアルバムの「ロング・トレイン・ランニング」や「チャイナ・グローヴ」などは一度は耳にしたことがあるのでは?

■収録曲
  1. Natural Thing
  2. Long Train Runnin'
  3. China Grove
  4. Dark Eyed Cajun Woman
  5. Clear As The Driven Snow
  6. Without You
  7. South City Midnight Lady
  8. Evil Woman
  9. Busted Down Around O'Connelly Corners
  10. Ukiah
  11. The Captain And Me




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。