ライナー・ノーツが付いた変則的な2枚組アルバム

■アルバム名
Something/Anything?(72年)

■アーティスト名
トッド・ラングレン

■おすすめポイント
70年代の彼の作品はどれも名作ばかりですが、2枚組という変則な形態にも関わらず、聴き入ってしまうのが本作です。

ラジオ番組のような?つくりになっていて、彼自身がプログラムの企画だったら、というような解説ともなんともつかないライナー・ノーツがついています。
例えば(名曲としか言いようのない)「I saw the light」では、モータウンでシングル・カットするなら(彼自身は)この曲を選ぶ、といったように。

彼はビートルズ・マニアとしても有名で、それはもっと後年のアルバムにカバー等が収録されていて、そのマニアぶりは偏執狂的とも言われますが、私はそのあたりを語れるほどビートルズを聴いていないと思いますので、差し控えておきます。

また、親日家としても知られています。
例えば高野寛さんのプロデュースを手がけたりもしていたし、トッドの宅録的なスタイルは、そのまま高野寛さんに受け継がれたような気がします。

■国内販売メーカー

ビクターエンタテインメント




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。