社会風刺も盛り込まれた大人向けの内容

■作品名
ムーミン・コミックス(全14巻)

■作者名
トーベ・ヤンソン、ラルス・ヤンソン


富原真弓

■出版社
筑摩書房

■おすすめ理由

小説版の作者トーベ・ヤンソンとその弟ラルス・ヤンソンが共同で1954年から15年間、ロンドンの新聞に連載したマンガ版「ムーミン」。小説と似たエピソードもありますが、小説をそのままマンガ化したわけではなく、基本的には別作品です。

「ムーミン」というと、アニメなどで子供向けのイメージをもたれている方も多いのではないかと思いますが、実際は違います。とくにマンガ版は、新聞連載ということもあってか、ひねりの効いた社会風刺や、ハッとさせられるような哲学的な警句が随所にあって、かなり大人向けの内容。ムーミンやムーミンパパ、ムーミンママ、スノークのお嬢さん、スナフキンらの、実に個性的でマイペースなキャラクターたちが醸し出す、なんともいえないとぼけた雰囲気や、ほとんどシュールとさえいえる展開のおかしさも、大人でないと十分味わえないのではないかと思います。大人の固くなった頭を柔らかくしてくれる、そんな作品としてオススメです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。