保活本格スタートの季節が到来!

newbornbaby

気候もよくなる秋口は、保活にも最適です

平成25年4月1日現在、全国の待機児童数は2万2741人で、その約80%が都市部に集中しています。(内閣府「子ども・子育て支援ホームページ」掲載資料より)現在進行中である「待機児童解消加速化プラン」により、平成29年度末までに待機児童ゼロを目指しているものの、足許の状況としては、都市部を中心に依然として保育園への入園が難しい状態が続いています。

その為、子どもを預けて働きたいママ達にとっては、入園を確保する為には何をどうすべきかが最大の関心事となっています。「何をすべきか」については、ガイドの過去記事で詳しく解説していますので一旦割愛するとして、この記事では、それらのやるべきタスクを「いつやるべきか」そのタイミングについて取り上げます。

保育園入園に向けてやるべきタスクを纏めた過去記事はこちら。
「認可保育園の入園確度をあげるには? 申込前の基本」
「認可外保育園(認証・認定)の入園確度をあげるには?」

入園させたい時期は翌年4月であっても、認可保育園の申込み時期は12月~1月という自治体がほとんどです。その頃までに必要な準備を済ませておこうと思ったら、実はもうあまり時間がないのです。そんな理由もあってか、実は秋口のこの時期は、翌年4月入園を希望するママ達の多くが実際に行動を開始する頃でもあります。よって、まずは秋口から春にかけての行動を整理してみたいと思います。

9月~10月頃にやるべき保活タスク

情報収集と申込書の入手

まずは市区町村のホームページをチェックして、通園するエリアにどんな保育施設があるのかを把握した上で、それぞれの申込み方法を確認しましょう。どの市区町村にも共通してある認可保育園以外にも、認証(認定)保育園、小規模保育、家庭的保育(保育ママ)など様々な枠組みが自治体ごとに存在します。申込時の取扱い(申込方法、申込窓口)は自治体によって異なりますので、予めこの時期にしっかり確認しておきましょう。また、実際に申込書を書くのはまだ先でも、先に申込み用紙を入手しておくことも忘れずに!

認可外保育園の場合は各園で申込みが必要になりますので、通園圏内にある園を訪ねて申込書をもらいましょう。見学や入園説明会に参加してからでないと申込みできない園もあるので、まだ参加していなければ直ぐにでも連絡して予約を入れましょう。