子育てに関する驚きのエピソードの数々

 

 

■書名
『ああ息子』

■著者
西原理恵子+母さんズ

■おすすめの理由
二人の子どもがいる我が家は、上が女の子で下が男の子。
息子を育てていてつくづく思うのが、
「男の子の子育てには、女の子にはあり得ない苦労がつきもの」だということ。
平気で汚いことをする、ケガをする・させる、親に何度も同じことを言わせる、周りが全然見えてない、等々。息子がおバカなことをやらかすたびに、頭に血がのぼった私はいつも絞り出すように
呟いていたものです。「男の子って、なんで、なんでこう……。」

この『ああ息子』は、厳密には育児本ではありませんが、
そんな私の子育てをラクにしてくれた一冊。
読み終わったあとに、「おバカだけれど、この子はこの子のままでいい」と、
ありのままの我が子を肯定する気持ちになれる、不思議な本です。

もともとは、毎日新聞の家庭欄に連載されている、
西原理恵子さんの人気漫画「毎日かあさん」から生まれた本。
男の子を持つお母さんたちから子育てに関する苦労話を募り、
その中から西原さんご自身が選んだ投稿が掲載されています。
もちろん、西原さんの描き下ろし漫画も要所要所に盛り込まれています。

「うちだけじゃなかったのね」、「うちよりもっとスゴイ」。驚きのエピソードの数々からは、
「確かに大変ではあるけれど、ほのぼのした幸福感」が漂ってきます。
そして、すでに成人した息子さんをお持ちのおばあちゃんからは、
「愚息は一生笑えます」との肝のすわったコメントが……。

私も早く愚息を笑える境地にたどり着きたいものです。


■商品データ
価格:880円
出版社:毎日新聞社

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。