子どもの想いを知ろうとする努力が大切

■名言
「しつけと称して親がやっていることは、親の言うことを聞かせることで、
殆どの場合、子どものやっていることを否定することから始まる」

■おすすめの理由
こちらの名言はどなたの言葉か記憶にないのですが、
親の仕事を勘違いしているのを言い当てていると思い、心に残っている言葉です。

ある日、私は小学4年生の女の子とその子のお宅で留守番をしていました。
女の子は、細長い段ボールを見つけて、遊び始めました。
その形から、滑り台ができるのではないかと思いついたのです。滑り台にするには、
段ボールの下に受けるものがなくては、自分の重さで折れてしまうことも発見し、段ボールの下に
椅子や小さなテーブルや傍にあったもので工夫し、本当に滑ることができるように作ったのでした。私は、その様子を見て、なんとすごい力がある子なんだと感心しており、
カメラがあったら写真に収めたいと思ったほどだったのです。

ところが、お母さんが帰宅されてかけられた第一声は、
「こんなに散らかして、片付けなさい」でした。当然、散らかってはいました。
いろんなことを試してつくり、できたものが滑り台がどうかなんて、
たぶん一目ではわからなかったことでしょう。おかあさんにしたら、また散らかしてる……
としか映らなかったのかもしれません。
私は、ここまで、どれだけの工夫と努力があったのかを伝えました。

私もわが子には同じことをしているのかもしれません。この時は、そばでずっと様子を見ていた
ので子どもの想いがわかっていたから、子ども側の気持ちになれたのです。

いつの時も、子どもがどんな思いであるかを知ろうとする努力は必要ですし、
子どもは自分よりも後に生まれてきた尊敬すべき存在なのだという気持ちをもって
接していきたいと思ったエピソードでした。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。