子どもの大切な時間を親が奪い取らないで

名言・格言
『子どもの邪魔をしないこと。愛する以外、何もしないこと。それが子どもへの最高の贈り物』

■出典
こちらも子育て期に本を読んで感動した名言をメモしていたものです。

■おすすめの理由

子どもって、親が考えることよりも、はるかに素晴らしいことを考えたり、想像したりしていると思います。
それを親の固い考えや親が思っている常識の枠に入れてしまわないことが、一番いいのではと思います。

例えば、子どもが靴ひもを結ぼうとしています。やり方は教えてあげますが、
それを何度も試させる時間を与えることを忘れてはならないと思います。
子どもができないと感じている時間を奪い取り、親が手伝ってしまうのは、
子どもの邪魔をしているともいえます。

それは、大きくなるにつれていろんな場面ででてくるでしょう。
悩む、考える、試す、困るという時間を奪うような邪魔はせず、
子どもが本当に助けを求めてきたときに、
手伝ったり、話を聞いてあげることをしたいなと思います。

それが愛するということなのかなと思います。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。