初心を忘れないように、子どもに感謝すること

■名言
「親は子供に『親』にしてもらった」

私の先輩の家族社会学者の方との会話の中で聞いた言葉です。

■おすすめの理由
子供ができたことで、親は『親』として育っていく。
子供に育てられているということなのだと思います。

苦しいこと、つらいこと、子供ができなければ、考えもしなかったことなどたくさんありますが、
実は、それらが自分を育ている。そしてまた、それ以上に、子供が与えてくれる喜びや感動は、
日常にあふれています。いろいろな経験をさせてもらって、
人生にそんな楽しみを与えてくれる子供たちには、親が感謝しなければならないのだと、
この言葉を思い出すたびに思います。

結婚式やドラマなどのワンシーンに、子供から「育ててくれてありがとう」という場面がありますが、
「ありがとう」というのは、子供が親にかける言葉ではなく、
親が子供に言う言葉なのかもしれないと、親になってはじめて思いました。

子育てを終えられた方々によく「大変だけど、今が一番いい時期ね」と声を掛けられます。
「危ない!」「ダメ!」と髪を振り乱して、理想と子供を追いかけている時には、
なかなか気付かないものですが、人生の最後に『私、最高に幸せだったな』と思いだすのは、
小さな子供たちの手を引いて歩いていた自分の姿かもしれないなと思います。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。