ちからがストンと抜けた貼り紙!

■名言
「育てたように子は育つ」
相田みつをさんの言葉ですよね。

■おすすめの理由
長男がまだ3歳くらいの頃。
第一子と言う事もあり、自分とは違う人格の人間を育てることに、
戸惑いと苛立ち、長男の性格を理解できないと言うか、受け入れられずにいました。

そんな中、海水浴に行き「温泉に入りたい!」と思い立った私。

地元の人に聞いて、道なき道を進み、やっとの思いで辿り着いた古い公共施設の温泉の脱衣所にさっきの言葉がたった一枚、紙に書いて貼りつけてありました。

それを見たとたん、思わず「そうだよな……」と呟いてる自分がいました。

長男の泣き虫なところ、神経質なところ、いつもオドオドしているところ、

「長男は私が育てたんじゃないか!!」

ふっと笑いながらそう思えた時、気持ちがす~っと楽になり
「もう少し余裕を持って、頑張っていけばいいじゃないかな」、そんな気持ちになりました。

「育てたように子は育つ」それが相田みつをさんの本の題名だという事を知ったのは、
それからずいぶん後のことでしたが、今でもあの貼り紙を見た時の衝撃と、
ふっと笑って気持ちが楽になった感覚は忘れることができません。

まずは、自分の接し方から改めよう……。
そう思わせてくれた私にとっての「名言」です!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。