ちからがストンと抜けた貼り紙!

■名言
「育てたように子は育つ」
相田みつをさんの言葉ですよね。

■おすすめの理由
長男がまだ3歳くらいの頃。
第一子と言う事もあり、自分とは違う人格の人間を育てることに、
戸惑いと苛立ち、長男の性格を理解できないと言うか、受け入れられずにいました。

そんな中、海水浴に行き「温泉に入りたい!」と思い立った私。

地元の人に聞いて、道なき道を進み、やっとの思いで辿り着いた古い公共施設の温泉の脱衣所にさっきの言葉がたった一枚、紙に書いて貼りつけてありました。

それを見たとたん、思わず「そうだよな……」と呟いてる自分がいました。

長男の泣き虫なところ、神経質なところ、いつもオドオドしているところ、

「長男は私が育てたんじゃないか!!」

ふっと笑いながらそう思えた時、気持ちがす~っと楽になり
「もう少し余裕を持って、頑張っていけばいいじゃないかな」、そんな気持ちになりました。

「育てたように子は育つ」それが相田みつをさんの本の題名だという事を知ったのは、
それからずいぶん後のことでしたが、今でもあの貼り紙を見た時の衝撃と、
ふっと笑って気持ちが楽になった感覚は忘れることができません。

まずは、自分の接し方から改めよう……。
そう思わせてくれた私にとっての「名言」です!





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。