好きになってしまったときの対処法

セフレ、私も何度か持った経験があります。
状況にもよると思いますが、相手に本命がいる場合といない場合で回答していきたいと思います。(女性目線で)

相手に本命がいない場合

相手に本命がいないということは、恋人をそこまで必要としていない場合が多いかと思います。なので、恋人が欲しいと思う状況を作り出す。
相手の趣味、スポーツやお酒でもなんでもセックス以外の事を一緒に楽しむ。会う時には必ずそれも取り入れるように。
大事なのはその時にこの子を抱きたい……と思わせる事ができるか。
「楽しい雰囲気からムーディな雰囲気へ」もっていくことができれば、相手はまた次も、その次もその状況を望むようになり、いつの間にか普通にデートできる恋人として意識してくれるでしょう。

相手に本命がいる場合

これはセフレ有経験者の結構多くの人が経験しているかと思いますが、この場合は相手の本命の人のある程度の情報を得ておく事が必要です。
本命と正反対の良さを出すのも手ですが、それよりも本命の得意分野を知り、その分野(料理や習い事など)の上を行くほうが有利になります。正反対の良さなら先にできた本命と比べた時、ただ先に出来たからという理由で本命が上になってしまうからです。
だからあえて本命の良さを自分がマスターする事は必要です。

そしてその上で相手をすべて受け入れる包容力を示す事。
この人は何があっても自分を否定しない、受け入れてくれる、という安心感を持たせる事で確実に本命への道が近づきます。

セフレになっているという時点で体は勝っているという事なのですから、それ以外の人間的な部分で勝ちましょう。あと、たまに弱さを見せる事も忘れずに。とにかく計算は大事です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。