【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

セフレ相手の身上などを調べない

セフレ相手というのは、深く関わりあわないというのが前提の付き合いとなります。相手から話さない事を無理に話させようとしたり、身上を自分から本格的に調べる事はタブーです。

相手の会社や自宅、家族構成や自宅番号などを探偵などに依頼して調べたりするのはセフレ関係の上ではやってはいけない事です。やれば、即別れるという結果が待っています。

感情的にならない事

どうしても何度も会って一夜を過ごせば、感情が入ってしまう事があります。そのセフレ相手の彼女や彼氏などの付き合っている人の事を考えてしまって取り乱したり、涙を見せて嫉妬などをしてしまえば関係を長く続ける事が難しくなります。感情的な表情や態度を見せない事が、良いセフレ関係を保つ事がポイントなのです。

後を残さない

首に抱きついた時に背中に爪を立ててしまったり、首にキスマークなどを残さないようにするのもマナーです。家に帰ってみたら首にキスマークがあって、それを彼女に見られてしまった場わいには大喧嘩になる事があります。あくまでもセフレとして付き合っているのですから、相手の事を考えて残さないようにするのがポイントです。

セフレ相手にそれ以上の事を望まない

セフレとは体以上の関係を望む事はしないようにする事がマナーです。自分の趣味や思考を押し付けたり、彼氏・彼女になってほしいと迫ったりするのはセフレ相手が困る事になります。最初からセフレとして関係をもったのですから、それ以上を頼む事はタブーなので彼氏・彼女は他に探しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。