【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

立場をちゃんと確認

セフレとして異性と付き合う時には、お互いがそれを了承していることが大切です。どちらか一方が恋人だと勘違いして付き合っているつもりでいると後々大変なことになる恐れがあります。修羅場を迎えないためにもお互いがその立場を確認しておくことをオススメします。


暗黙の了解を守る

そしてセフレとしてのマナーですが、セフレである以上は相手に対して恋愛感情を持たないことです。お互いがセフレだと了承している時点で、それ以上の関係にはならないことは暗黙の了解と思うことが大切です。
例え、セフレから恋人関係へと発展した場合でも心のどこかで相手に対して「もしかして今もセフレがいるのかも」と疑ってしまうかもしれません。付き合うきっかけを全く気にせず、絶対に相手を疑わない人であれば問題はないのかもしれませんけどね。


入ってはいけない領域を心得る

そして、必要以上に相手のことを詮索しないことです。
特に、相手があまり自分のことを話したがらない場合は心得ておくべきポイントです。相手に恋人がいたり、家庭がある場合もあるかもしれませんし、地位や名誉のある人かもしれません。お互いが完全に割り切った関係であるからには、入ってはいけない領域というものがあるのです。
一般的には相手のことを知れば知るほど恋愛感情が芽生える可能性は高くなると言われていますので、それを避けるためにも気を付けたいですね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。