古代メソポタミア文明は実は宇宙文明であった……

■作品名
青のメソポタミア

■作者
秋里和国

■巻数

全2巻

■おすすめ理由

ざっくりと説明すると「古代メソポタミア文明をベースにしたSF」です。
古代メソポタミア文明のもとが「エンリルという宇宙文明である」という設定で、
主人公を微妙に変えながら三部作として語られています。
番外編をいれてもたった四編というコンパクトさですが、中身はとても読み応えがあります。

SFとは言うものの、話の骨子は王家の権力争いです。
第一部と第二部で争う王子達の話がお互いの立場から描かれ、
第三部はその数百年後、ノアの方舟を元にした話になります。

秋里さんはキャラの感情表現がとても上手で、敵役ですら思わず惚れてしまうほどなのですが、
この作品でもそれが十分発揮されていて、番外編は第一部の敵役のエピソードです。

ひとつだけ、ハッピーエンドではないのでご注意を。
でも、とてもオススメです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。