甘酸っぱいだけじゃない大人の世界の恋愛

■作品名
ハッピー・マニア

■作者名
安野モヨコ

■巻数
A5版:全11巻、文庫:全6巻

■おすすめの理由
「ハッピー・マニア」は1995年から祥伝社「FEEL YOUNG」で連載された、安野モヨコによるマンガです。1998年には稲森いずみ主演でTVドラマ化もされました。

■あらすじ
主人公は書店でアルバイトをする24歳の重田加代子。通称シゲカヨ。
理想の恋人を探していろいろな男と関係をもつが、どこかしっくりこない。ただ幸せになりたいだけなのに。奔放に愛を求めるカヨコにハッピーな日々はやってくるのか?


このマンガを初めて読んだ時、それまで読んでいたいわゆる少女マンガとは違うストーリーに衝撃を受けました。それは大人の世界。都会で繰り広げられる男と女の恋愛は、甘酸っぱいだけじゃないんだということを教えてくれました。

少女マンガでは主人公はいい子で間違っても人の彼氏を奪ったりしませんでした。しかしカヨコは違います。自分の本能が赴くままに行動し、傷つくことがあってもたくましく復活するのです。

そんなカヨコに思いを寄せるのは純情な大学生タカハシ。最初、カヨコはダサイと言って相手にせずタカハシを軽くあしらっているのですが、物語が進むにつれタカハシが重要な位置を占めるように。読みながら「タカハシでいいじゃん!」と何度思ったことでしょう。

さて、最終的にカヨコはハッピーを手に入れることができるのでしょうか?
とても面白い作品なのでぜひ読んでみてください。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。