何度読んでもドキドキする、つくしとF4の学園生活

■作品名
花より団子 (1992~2004)

■作者名
神尾葉子

巻数
単行本:全37本、完全版:全20巻

■おすすめの理由

「花より団子」は「マーガレット」に連載されていた少女漫画で、
単行本は全37本、完全版は全20巻ある大ヒット作品。

女性のみならず男性ファンも多いようです。

この作品はアニメ、テレビドラマ、映画化され、台湾や韓国でもドラマ化され人気を博しました。

■あらすじ
名門の子供達が集まることで有名な英徳学園高校に、「なにがなんでもいれる!」という母の意地で入学することになった庶民の娘、牧野つくし。

学友達の華美で贅沢な暮らしぶりの自慢話や、「F4」と呼ばれる4人の財閥・美形の男子生徒の傍若無人ぶりに腹を立てながらも、ひたすら目立たず卒業までは我慢しよう……と気が重い毎日を送っている、つくし。

そんなある日、いじめられていた生徒を庇ったことでF4を敵に回し、F4に追従する学園の生徒達にも追いかけられるようになる。

ピンチに陥ったつくしは、持ち前のガッツに火がつき、F4の中でも一番の猛獣的存在である道明寺司にケリを入れて宣戦布告をする……。


とにかく目立たず、空気のように気配を消し、卒業まで耐えようとしたつくしが、いじめにあって逆に持ち前の負けん気に火がつき、F4に独り戦いを挑むのがかっこいい。

そして、意外なことにそんなつくしの宣戦布告に惚れてしまう道明寺。

学園の生徒達のいじめ、頼りない両親の破産など色々な運命をつくしが襲いますが、へこたれません。

道明寺に惚れられたことで、女性生徒達からもいやがらせをされますが、なにくそとふっとばす。

そんな彼女に徐々に惹かれて行くF4達。

つくしをひたすらに想う道明寺の純粋な恋心が可愛くて、それに気がつかないつくしの鈍感さに、道明寺が気の毒になってしまった人も多いはず。

その分、すれ違いやケンカばかりしてる二人の心が通い合うシーンはぐっと来るものがあります。

何度読んでも、面白くてドキドキする、壮大なスケールで描かれた学園恋愛物語の名作です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。