絵もストーリーもとにかく可愛いほんわか作品

■作品名
カードキャプターさくら

■出版
講談社

■作者名
CLAMP

■巻数

全12巻

■おすすめ理由

CLAMPが「レイアース」の後に、なかよしで連載を開始した「カードキャプターさくら」。
「レイアース」の力強い絵とは全く異なり、ベタも少なく全体的に白い優しい絵柄です。
一見、同じ作者が描いているとは思えません。

ストーリーも、絵柄同様、ほんわかと優しく可愛らしい作品です。
全12巻ありますが、1~6巻が第一部、7~12巻が第二部です。

魔力をもつ「クロウカード」の封印が解かれてしまい、小学4年生のさくらちゃんが、クロウカードが起こした事件を解決しながらカードを集めていくというお話。
なかよしに掲載されていたこともあって、CLAMPの他の作品に比べても、わかりやすく読みやすい作品です。

表紙を見て頂ければ分かる通り、この作品はとにかく可愛い!
絵柄はもちろんのこと、小学生の恋愛や友情・フリフリの衣装や「封印の獣」のケロちゃんなど、
可愛さ満載です。特に、主人公のさくらちゃんは、優しくて強くて、元気いっぱい。読んでいて口元がニヤついてしまう可愛さです。

全編を通じて、温かさを感じるこの作品。後半では、さくらちゃんの恋も気になってきます。
丁寧で優しい作りなので、どの年齢層でも楽しめます。
今まで敬遠した方や男性にも、是非一度読んでもらいたいです。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。