80年代の雰囲気をたっぷり感じられるバンドもの漫画

■作品名
ミーハー・パラダイス

■作者名
多田かおる

■巻数
全2巻

■おすすめの理由
今から25年くらい前の、ちょうどイカ天が大人気だった時代の、
バンド全盛期に出たバンドもの漫画です。

女子なら誰もが一度は憧れのスターに恋をしてしまったこと、あるのではないでしょうか?
作者の多田かおるさんはロックがとても好きだったみたいで、この漫画以外にもロックやバンドを題材にしたものを数多く発表しています。

出て来る男の子は全てバンドマン。肝となる男子二人は、正反対のキャラクターで描かれています。一人は、明るくて軽くて女好きの典型的なボーカルの男の子で(モデルがいるらしい)、もう一人は音楽においてもわが道を行くドSキャラの、今でいうところのツンデレ男子。
どちらに物語性があるかは一目瞭然ですね。

何を隠そう、私も当時洋楽ではありますが、ハードロックやヘビメタの音楽にドップリ浸かっていたため、かなり感情移入できました。聞きかじりではありますが、実際のバンドやっている男の子たちも同じような感じだったりとなかなか描写もリアル。
日本のロックが輝いていた当時の雰囲気を感じながら読んでもらいたい作品です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。