「あきらめなければいつでも出発点に立てる」というメッセージが込められた作品

■作品名
CIPHER(サイファ)

■作者名
成田美名子

■巻数
全12巻

■おすすめ理由

ニューヨークが舞台のアメリカのティーンエイジャーの恋愛と成長、挫折と再生の物語です。

どちらかというと恋愛一辺倒になりがちな少女マンガの中でもこの作品は異色。

主役のサイファは双子の俳優という特殊な設定、なのに全ての登場人物がすごくリアル。
それぞれが抱えている家族の問題や複雑な人間関係、恋愛模様や友情には共感とともに引き込まれていきます。
一生懸命生きていても人を傷つけてしまったり、人間関係がねじれてしまったりする現実。
人を好きになる楽しさや苦しさ、友情のありがたさなど。
自分のコンプレックスや過去、心の傷と向き合って超えていく過程が丁寧に描かれている作品です。

「あきらめなければいつでも出発点に立てる」というメッセージが全編を通して伝わってきます。

シリアスな中にも軽さやさわやかさ、読んでいて飽きることのない物語の展開。
アメリカの様子が正確にそしてイキイキと描かれているのも魅力のひとつです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。