指定確認検査機関

【していかくにんけんさきかん】

平成10年の建築基準法改正により、それまで特定行政庁(建築主事をおく自治体のこと)の建築主事が行なっていた建築確認、完了検査、中間検査の業務が平成11年から民間に開放された。指定確認検査機関による「確認済証、検査済証、中間検査合格証」は、それぞれ建築主事による「確認済証、検査済証、中間検査合格証」とみなされる。

2以上の都道府県の区域で確認検査の業務を行なう機関は国土交通大臣の指定を受け、ひとつの都道府県の区域で確認検査の業務を行なう機関は都道府県知事の指定を受ける。また、指定確認検査機関において確認検査業務を行なう「確認検査員」(建築主事に相当する)は、それぞれ国土交通大臣または都道府県知事が選任することになっている。

>> 登録住宅性能評価機関


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。