アダルト的な要素が加わった一条ゆかり作品 

■作品名
砂の城

■作者

一条ゆかり

■巻数
全4巻

■おすすめ理由

『りぼん』で連載していた作品です。(『りぼん』と言えば、「『なかよし』を卒業したら『りぼん』という小学生~中学生が読む漫画雑誌」だと)

そんな雑誌で今のレディース的な内容だったので、当時幼かった私は、正直、吃驚しました。何故か「読んでいいのかな?」と言う背徳に似た感情もあったほどです。絵も可愛いではなく綺麗で。私の中では『りぼん』では異色の作品でした。
(『りぼん』でも特殊だったのでは?よく編集者OKしたな……と)

今読んでもストーリー絵柄とも古臭くないと思っております。
特に絵は「これ本当に人が描いたの?」と驚愕するくらい細心まで細かく描かれています。
(今では細部まで描く人は沢山いますが、当時では私は吃驚でした)

この『砂の城』原作で昼ドラも放送したほどです。それほど、「アダルト」的な内容です。

身分差恋愛有り、夫婦のいざこざ有り、今では当たり前のようにある『同性愛』(精神的な)有り、今では当たり前の年の差恋愛有り、嫉妬で今では当たり前になったストーカー有り、殺人未遂事件有り。
そして、衝撃的なのは、主人公が精神病にかかってしまう……と言う、あの当事では考えられない昼ドラの世界が広がっております。(フランシスが大好きで、その彼が心底愛しているナタリーに
嫉妬するミルフィが異常に怖かったです)

不器用な人達のドラマが詰め込みし過ぎず、違和感なく収まっております。
(今の漫画ってやたらダラダラ~と連載が長いというか……。)

本当に、レディース雑誌で繰り広げられる世界が当時の『りぼん』で繰り広げられておりました。

決して、「ハッピーエンド」ではありませんが、今でも大好きな作品の一つです。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。