思った通りの姿に変身できるアッコちゃんが大活躍!

■作品名
ひみつのアッコちゃん (1962~1988)

■作者名
赤塚不二夫

■巻数

全3巻

■おすすめの理由
鏡の精から、お願いをすると何にでも変身することができるコンパクトをもらった少女アッコちゃんの活躍を描いた、コメディタッチのマンガです。

■あらすじ
小学5年生のアッコちゃんは、お下げ髪にピンクのリボンがトレードマークの女の子。

天真爛漫で素直な性格のアッコちゃんは皆の人気ものだ。

ある日、幼い頃に両親からもらった大切な鏡が壊れてしまうが、鏡の精が魔法でコンパクトに変えてくれる。

そのコンパクトを眺めながら呪文をとなえると、思った通りの姿に変身できることを知ったアッコちゃんは、その力を使って色々な変身をし、大活躍をする。


「テクマクマヤコン、◯◯になあれ~」と呪文を唱えると、なりたい姿になれる……そんなファンタジックな設定が少女心を掴み、当時大ヒットとなり映画化やアニメ化もされました。

天才バカボンなど、名作をたくさん残した赤塚不二夫さんが描いた中でも、一番チャーミングな女の子ではないかなと思えるのが、このアッコちゃん。

アッコちゃんのファッションも可愛いので、これを赤塚さんが描いていたのかとおもうと、ちょっと頬が緩みます。

チャーミングで正義感のある魔法少女アッコちゃん。

こんな少女が現代にいたらなあ~と思ってしまう、素敵なマンガです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。