宇宙飛行士養成学校を舞台にした青春群像劇

 

 

■作品名
ふたつのスピカ

■作者名
柳沼行

■巻数
全16巻

■おすすめの理由

コミックフラッパーに2001年から2009年まで連載されていた漫画です。
宇宙探査ロケット「獅子号」の打ち上げ失敗による大惨事で母親を亡くしながらも宇宙飛行士を目指す少女、アスミが主人公。簡単に内容を説明するなら、それぞれ事情を抱えながら、前を向き続けるアスミたち5人の訓練生の姿を描いたSFファンタジー学園ストーリーといえばいいでしょうか。
宇宙学校から出される難問・奇問を仲間たちで励ましあいながらクリアしていくのですが、後半宇宙飛行士になれるのは一人だけ、と知らされ、お互いライバル関係に。それでも揺らがない友情がまぶしいです。

この5人以外にも、「獅子号」の乗組員だった幽霊のライオンさん、「獅子号」開発チームだったアスミの父親など、宇宙に思いをはせる人々の心情や過去との葛藤なども細かく描かれ、主人公が登場しないエピソードも多いです。でもこのキャラクターを丁寧に拾う描写が物語に深みを与えていると思います。

どうしてもストーリーの起点が「獅子号」墜落事故であるだけに、話はシリアスな方向に傾きがち。その分まるまるっとした優しくかわいらしい絵柄は全体としてうまくバランスがとれているなと思います。

全16巻と割と長いストーリーですが、だれることなく「はやく続刊出してくれ!!」と思える吸引力のあるマンガでした。
とにかく涙腺を刺激するような展開が数多く仕込まれているので、涙もろい人はハンカチをご用意ください!!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。