2パターンの片思いの状況

片思いを2つのパターンに分けると、相手が自分の気持ちを知っている(気付いている)状況と、相手が自分の気持ちを知らない(気付いていない)状況が挙げられます。


私の片思い体験談

私は、相手が私の気持ちを知っていながらも、それ以上に発展しない期間が半年程続いたという経験をしたことがあります。
彼とは週に2~3回、携帯電話で話をしたりメールするような状態でした。1度だけ、メールで私の気持ちを遠まわしですが伝えたことがあり、彼は私の気持ちに気づいたようでした。
私の気持ちを知りながらもあえてそこには触れない会話やメールが続くと「脈なしだな」と思う一方で、「それでも連絡をしてくれるということは脈ありなのかな」と、落胆と期待が同居しているような感じの時が辛かったです。
そんな時は、「求めない、期待しない」と言い聞かせて、その時の状況をありのままに受け止めることにしました。彼と連絡が取れているという現実が嬉しいので、「それでイイじゃないか」と。それ以上を求めたり期待すると、そうならなかった時に落ち込むのは自分なのです。求めたり期待していないのに、それ以上のことがあったら大いに喜べば良いのです。
何度も同じような波がやってきますが、自分に呪文のように言い聞かせていました。

あとは、友だちと一緒にカラオケに行ってその時の気持ちに会った歌を熱唱します。
落ち込んでいる時に無理に明るい歌を唄うより、自分の気持ちに似ている歌を唄った方が精神的にも良いそうですよ。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。