不倫に走る未婚女性の心理とは……

既婚男性と不倫をしてしまう未婚女性の心理は、おおよそ以下の2パターンに分かれます。


パターン1.妻子持ちな男性ほど欲しくなる、奪略心が燃えるタイプの女性

既婚者の男性は独身男性よりも「家庭的で安定的」と包容力があるように見える場合が多いです。
それは独身女性にとって「落ち着きがあって大人な男性」に見え、とても魅力的に映り、女性はそんな大人な男性に惹かれてしまいます。
最初はお互いが大人のお遊びだけの関係だと線引きをしていたのに、仕事が休みの日は奥さんの元へと帰る彼の背中を見ていると、寂しさに駆られ、徐々に「もっと長い時間一緒に居たい」という欲が出てくるものです。
だからこそ、例え奥さんがいようが、それが返って略奪心を燃え上がらせる場合も多いのです。


パターン2.好きになった人がたまたま既婚者だったが、今更この気持ちを抑えられない、それでも構わないと思ってしまうタイプの女性。

たまたま知り合った自分好みの男性に猛アタックをして付き合ったら、実は奥さんがいた!?
なんていうケースも珍しくはないと思います。だからといって、簡単には好きな気持ちを切り捨てられず、奥さんが居てもいいわ、と結局は不倫の関係を続けてしまうのです。

では、どうしてそこまで彼に執着するのか?
既婚男性というのはパターン1でも述べた通り、家庭を支えてきている分の愛情や優しさ、落ち着きなどがあり、そこに頼れる安心感が女性にとって「心地いい」になるのではないでしょうか。


両者が惹かれあう理由

結果としては、どちらのパターンを見ても、女性は男性に安心感や包容力を求めているが故に、既婚男性と不倫関係になりやすいと思われます。
付け加えておきますと、逆に既婚男性は日々の家庭や仕事での疲れを一時でもいいから忘れたいと思い、独身女性との間に関係を築くのです。独身女性は妻とは違い、自分を「彼氏」や「一人の男」として接してくれ、それが男性にとって少しの優越感でもあり癒しにもなります。
そんな両者が惹かれあってしまうのは必然的なのではないでしょうか、と思います。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。