斉藤美恵子さんのベストセラー『愛され脚をつくる2週間レシピ』

 

 

■ダイエットの方法
”ビキャクサイズ”で下半身痩せ!

出産後に体重が増大したのをきっかけに、ダンベルで理想体重まで16キロ落としました。
でも、下半身ってピンポイントで痩せるのは難しいもの!
幼少から正座をするお稽古をしていたので、O脚のコンプレックスもありました。

そんなときに、漫画家の槇村さとる先生のエッセイ『3年後のカラダ計画』で紹介されていたのが、斉藤美恵子さんの『愛され脚をつくる2週間レシピ』でした。

本を購入し、2週間の”ビキャクサイズ”をしてみました。

■ビキャクサイズの内容
まずはサイズを測って本に記入していきます。
ウエスト、ヒップ、ヒップ下、太もも、膝、ふくらはぎ、足首と測定。

次にB4の紙を用意してゆがみをチェックします。
紙の中央に両足をそろえて立ち、目を閉じ、そのまま50回足踏みしたら目を開けます。
最初の地点からどれくらいズレているか、記録用紙に足跡を記入。

エクササイズと言っても、あおむけやうつぶせになって、楽な姿勢でできるものが多いです。

きついポーズは、弓のポーズ。
お尻と太腿の内側に筋肉を鍛え、骨盤を閉めていきます。
骨盤の状態が安定して痩せやすくなります。

  1. うつぶせになる。
  2. 両方の膝と足首をつけて膝を曲げる。
  3. 両手で両足首をしっかりつかみ、お尻にギュッと力を入れて、体が弓なりになるように胸を反らす。
    苦しくても、膝はつけたまま離さない。
  4. これ以上無理というところまで、弓なりに上体を反らせたら、息を止めて3秒キープ。
  5. これを5セットやる。

 

 

■おすすめ&効果効能
・ゆがみチェックは、初日は紙の外!
ビキャクサイズを続けるうちに、2週間目には紙の中央にとどまることができ、
ゆがみが改善しました。

・お通じが良くなりました。腹筋がついたせいで、ウエストラインがキュッと締まりました。
当時の記録には、「スカートがゆるゆるになった!」と書いてあります。

・O脚が改善して驚きのI脚に!
太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶし、つま先の5ポイントがくっつくと理想のI脚とのことです。
あんなに隙間だらけの足がくっついたので、感動しました。

・足首、ヒップ、ウエストは2センチマイナスでした。
下半身のサイズダウンは数センチでも効果が実感しやすいです。

■愛され脚をつくる2週間レシピ―寝る前ストレッチで即効キレイ!
著者:斉藤恵美子
出版社:WAVE出版
価格:1050円

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。