ケルトの趣の残る美しい町 「ウィットビー」

 

 

 

 

 

 

■撮影時期
2011年5月頃

■撮影場所
ウィットビー(イングランド)

■おすすめポイント
スカボローからさらに北で30分ほど向かうと、またも海に面した港町があります。ウィットビーはケルトの趣の残る美しい町で、個人的にはイギリスの中でもかなり気に入っている場所のひとつです。

町のはずれに建つのが、絶景ポイントでもあるウィットビー修道院(Whitby Abbey)です。657年に建てられた修道院は、現在では使用されてはいませんが、中に入ると歴史の流れを感じることができます。

北海を臨むことのできる修道院は9世紀のバイキングの侵略、ヘンリー8世による閉鎖、破壊、さらに大戦中の傷あとから現在は廃墟になっています。それでも、こうして建っているものが部分だとして大切に保存されていることには感動を覚えます。

緑の真ん中にぽつんとある修道院跡は息を飲むほど美しい絶景ポイントです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。